フィットネスインストラクター ブログ 日記その他 | フィットネスインストラクターになろう girlsfitness.jp

アニメアイコン2.gif  
  
フィットネスのお仕事画像2.png
求人情報ロゴ.jpg

ポルドブラ

0

    先日、「ポルドブラ」の指導者養成コースで学んできました。

     

    初めて私がポルドブラを知ったのはほんの数か月前、

    イントラのお友達がこんどポルドブラの養成行くんだ〜と言っていたので、

    ポルドブラとはなんぞや、とYouTube検索をし、

     

    映像を見た瞬間にその場でわたしが気に入ってしまったのでした。

     

    ポルドブラは下肢よりも上肢の動きが主で、

    肩甲骨・肩周りをほぐす動きをひたすらやるのです。

    45分間という時間帯でのクラスがほとんどで、1時間とかあまり長いことはやらないそうです。

    7つの基本の動きがあり、その7つの基本形を参加者が覚えたら、

    イントラが応用編を作り、基本形を基に好きに振りをつけてよいそうです。

     

    先生は竹ケ原さん!

    とても熱心に指導してくださり、イントラとしても尊敬できる先生です。

     

    ポルドブラ大好きになりました!

    はやくレッスンを持ちたいです!

     

     

     

     

    流れる動きでずっと踊ります。

     

     

     


    レンタルスタジオの選び方

    0

      フィットネスをするためのレンタルスタジオが見つかりませんか?

      東京都にはたくさん貸スタジオがありますが、ここならもっと素敵な場所が見つかるかも!!

       

      トレーニングが出来るレンタルスタジオもあります。

      わたしは1度、使ってみましたが予約の仕方もすべて二重丸でした。

       

      いろいろなレンタルスペースで画像撮りしています。レンタル選びが楽しいです。

       

      可愛いお部屋もいっぱい。

      レンタルスペースが集合しているサイト!

      ↓↓↓

      登録するだけでスタジオ代で使える2000ポイントもらえる

      スペースマーケット・レンタルスタジオ

       

       

      ブログ村に参加しました!ポチっと一つして頂けると嬉しいですにほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ


      新規ブログ書いてます

      0

        なんだかリンクが出来なくなってしまいました。

        ブログ名をクリックすると普通は最新のページへと飛ぶのですが、

        ブログ名のフィットネスインストラクターになろうをクリックすると、エラーになってしまいます。

        他からのリンクも途切れているような感じです。

         

        インターネット、難しいですね。

        いじくっているうちにきっと私が何かをやったのでしょう。

        このサイトもいい加減イメージ変えたいんですが、

        上手くできるか分からないのでそのままになっています。

        私の画像もその他の画像も少し前のものなので、

        着ているものがちょっと古臭いです。

         

        そんな中、「ふくらはぎ美」というブログをまた新しく書いています。

        それは本気の本気です。焦点は脚ではなく、ふくらはぎについてです。

        この「フィットネスインストラクターになろう」ブログを書き始めたときと同じくらい燃えています。

        ふくらはぎ美のブログはまだページ数は少なく見た目も地味ですが、これから形作っていこうと思っています。

        もしかすると、わたしのこれからの路線は「ふくらはぎのことについて」になっていくかもしれません。

        フィットネスインストラクターよりもです。

         

        やる気満々です。

         

        日本の女子のふくらはぎの形を変えたい!というのが熱い思いです。

        今までずっと心の中で温められていたものが形をなして外に出てゆこうとしている感じです。

         

        ヤッタvにたてれネコ

        こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

             ↓

        「ふくらはぎ美」のブログ

         


        若返り

        0

          一日に座っている時間が世界の中で一番長いのが日本だとかで、

          覚えていませんが何時間か座りっぱなしにしていると22分間寿命が縮まるとか、TVでやっていました。

           

           

          そうなのかな?別のことで回避できそうな気もするよね。

          なんか混乱しちゃうよね、、

          TVからの情報に振り回されないような自分を持っていないとだね、

          って旦那と言っていました。

           

          先日の瞑想指導者養成コースでは先生が、

          瞑想家はもともとTVを見ない!って言っていました。

          いらない情報は先に排除し混乱や恐怖を受け付けないようにします。

          と、これはわたしの考えです、笑。

          でもそういうことだと思いますし、TVの中にあまり関心を持つことがないのでしょう。

           

           

          前にも書いた気がしますが、

          今の30代、40代は本当に若いと思います。

          わたしが20才のころの40歳といえばほんとうにもう見た目おじさんおばさんで、

          中年太りというのが定番でした。

          私はいま50代ですがわたしの周りを見てみても分かる通り、一代上の人たちが50歳だった時と比べると

          そのころの人たちよりも私たちは若いと思います。

          そして下へいってもその法則は成り立っているようです。

           

           

           

          栄養かな〜、

          私の親は戦争で食べ物のない暮らや恐怖などを経験しているけど、

          今の30代の人の親は経験してないだろうし、

          子供のまた子供という風に繰り返されて、どんどん

          良い遺伝子が作られるようになっているのかしら。

           

          エドガーケイシーも言っていて、健康とか頭が良いとかあらゆる面で、

          良い子を産みたいなら、まず親である人の体と、その心と精神面を整えておきなさい、

          母親だけじゃなく父親もと言っています。

           

           

           

           

          そうそう!

           

          寿命でちょっと思い出しましたが、そういえばわたしのもう一つのブログ、

          どうしちゃったかな、存在すら忘れていました。

           

           

          書き直そうと思ったのでこのブログからのリンクも解いてしまっていますが、

          でも前にちょっと開いてみたとき、どこからか、見に来てくれる人が結構いるようでした。

           

           

          もう一つのブロブ、もともとの題名は、

          「20歳若返るボディメイク」というブログ名でした。

           

          しかし20歳若返るのはいささか厳しいだろうということで途中から、

          ただの「ボディメイク」にして数年がたち、

          そし昨日、またまた変更して「40代から前向きに若返るブログ」としました。

          でもそのときブログの内容を一回すべて非表示にしてしまいました。

          そのあと、2012年から書いていたその内容の中からいまの自分に見合ったものだけ、

          少しずつまた手直ししながら表示することをやっています。

           

           

          ちょっとリンクしてみま〜すハート

            ↓

          「40代から前向きに若返るブログ」

           

           

          ブログ村に登録しました1クリックm(_ _)mよろしくお願いします。 にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ  
          トップへ
           

           

           

          追記

          その後また羽鳥さんの番組でやっていました。

          「今の10歳以下の子供たちの50%以上が、107歳まで生きる」そんな説があるらしい。

           

           

           

           


          エアロ、振りが途中で

          0

            おはようございます。

            先日エアロビクスは、エアロの振りが途中で変わってしまうということついて、

            参加者さんが疑問を感じたようなので、

            書いてみたいと思います。

             

             

            以前にもこのブログのどこかのページにも書いてありますが、

            エアロビクスのレッスンでは、

            インストラクターが最初に教えていた動きが途中で変わっちゃうから最初に覚えたように体が動いてしまい戸惑う。

            ということです。

             

             

            私も参加者だったころは同じように思ったことがあります。

            何で変えちゃうのかな脚の動きとか、、最初の動きでインプットされちゃってるから後で変えるなら、

            だったら最初からこっちで教えてくれればいいのに、、と。

             

            どのエアロビクスのクラスでもそうであるその理由を聞いたら納得できると思います。

             

            エアロビクスはエアロビクスダンスとも言いますがエアロビクスは有酸素運動であり運動です。

             

             

            インストラクターは強度を考えて動きを作りますから、

            レッスンの最初から強度を高くして動くようには作らずに、

            徐々に心拍数が上がってゆくようにします。

            きっと最初の手の振りも脚の動きも、完成したときのよりももっと簡単な感じのはずです。

            簡単というか心拍数が上がらないというか。

            明らかに分かりやすいすぐできるような手の振りでも、前半はその半分の動きにすることがあります。

             

             

            グレープバインも右二つから入るのは、

            やりやすくするためとか分かりやすいように、イコール心拍数が上がらない。

             

             

            それが理由で〜す。

             

            ふっと言葉に出た参加者さんの疑問ですが、

            その人はエアロ歴は10年どころじゃないと思うんですけど、

            知らなかった〜だって誰もそんなこと教えてくれないからさ、って言っておりました。

             

             

            ふむふむ。。。

            インストラクター側から見ても初心者であればあるほど動きが変わった瞬間に分からなくなるようです。

             

             

             

             

            ブログ村に登録しました1クリックm(_ _)mよろしくお願いします。 にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ  
            トップへ
             

             

             

             

             

             

             


            パートタイムフィットネスインストラクター

            0

              はい!わたくし今、パートとしてこのフィットネスインストラクターをやっています。

               

              ・・・

               

              そういえばブログの総合サイト「ぶろぐ村」のランキングで、

              パートタイムのカテゴリの100サイト中5位くらいにだいたいいつもフィットネスインストラクターになろうが入っていて、

              パートタイムのほうから読んでくれている人いなさそうなんだけど、

              なぜがそのあたりに入っていて、でもでも確かに、

              わたしがこのブログを最初に立ち上げたときの主旨はそうだった、

              みんなだれでもなれますよーフィットネスインストラクターは短時間で結構稼げる

              という感じだったよねって思いました。

              稼げるといっても大黒柱となって一家を支えていくくらいの収入が欲しいとなると、だいぶきついかも体がね。

               

               

              そうそう、前に何かの講座でしりあったインストラクターはジャズダンスを指導している人で、

              週に20本くらいレッスンやっているといっていて、

              ジャズダンスが時給が高いのかそのインストラクターの時給が高いのか、

              計算するとひと月の収入が40万円位になる感じで、それはすごいと思った記憶が残っている。

              確かお子さんがいらしてシングルマザーだったような、、、、。

               

               

              わわ。

              その収入だとパートタイムじゃなくなってしまうね。

               

              ごめんなさいね、確かな情報ではないけれど、

               

              私がよく言う、この仕事もっと簡単に出来る仕事ですよって言っていることとは掛け離れた

              その彼女のように身体・時間もかけて、プライドやある意味命をかけてやっている人も多いです。

               

               

               

              ・・・・

               

              わたしは今のお仕事のリズムで満足、

              時給1円も上がっていないんだけど、

              今の状態で満足、この満足状態でもう何年もこのお仕事やっています。

               

              1週間のうち、わたしが仕事をしている時間は4時間。

              月にいただくお給料は一般の主婦が一日4時間週5でレジ打ちをしたぐらいです。

               

               

              フィットネスインストラクターって将来もかなり需要があると思うんだけどな〜

              フィットネスのインストラクターをやりたい!って思っている人は、

              躊躇しないで是非やってみて!矢印上

              自分のためにもなりますよにたDocomo102自分(私)のためというといつも思い出すのがこの言葉、

               

               

              「人は知りたいことを教えるのである!」

              誰の言葉だったっけ??

               

               

               

              ブログ村に登録しました1クリックm(_ _)mよろしくお願いします。 にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ  
              トップへ
               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               


              今朝、涙が出る事件

              0

                明けましておめでとうございます。

                キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

                今年もどうぞ宜しくお願い致します。

                 

                今朝からちょっとセンチメンタルになって、犬の散歩中マスクの下を涙がツーツー。

                 

                 

                散歩のときって、「歩きヨガ」じゃあないけれど、

                頭の中考えることがなければ淡々と同じリズムで歩いているから体が緩んできます。

                ふっと何かを思いついたり、そのとき目に前で見たことについてぼーっと考えていたりします。

                五感が落ち着いてきて軽い瞑想状態にもなります。

                 

                 

                しかし今日は違いました。

                ずっぽりとその出来事の中に入っていってしまい感情的になってしまいました。

                 

                 

                わたしはここのところずっと、これから先自分には何が出来るかなって考えていて、

                本当に一番やりたいのは日本の子供たちを守りたいってことで、、

                そのためにはどうすればいいのかなってずっと考えていて、

                私が出来ることは、お母さんたちを救うことがその子供たちを救うことになる、

                お母さんたちが子供をさらに愛するようになるための何か、だということに今のところ行き着いています。

                 

                 

                そんな最中

                 

                今朝公園で、

                 

                保育所に預けられた子供たちが保育士の先生に連れられて数人のグループで散歩をしていました。

                 

                その横を通った時ひとりの子供を叱る先生の大きな声が聞こえました。

                 

                先生の声はゆっくり一本調子で、とても大きくて低い声に冷たい感情がうわのせして響きました。

                 

                怒られた5歳位の女の子の肩はすくんで緊張して先生の顔をしたから覗いていました。

                 

                ○○ちゃん、そんな枝なんか持って刺さったらどうするんですか、

                救急車ですよ、

                言われたらどうするの?

                 

                女の子は慌てて小さな手をパッと放し持っていた数本の枝が落ちました。

                その枝はとっても細くてか弱いものでした。

                 

                 

                これだけの出来事ですが、

                横を通り過ぎながらわたしは本当に悔しくて悔しくて、、、

                悔しくて涙が溢れてしまいました。

                 

                 

                落っこちていた小枝で刺さっても、わたしには救急車を呼ぶほどの惨事になるとは思えませんでした。

                先生には真実を口から言ってほしいと思います。

                 

                 

                女の子はわくわくした気持ちで枝を拾って何を想像していたのでしょうか、

                こころもからだも軽くその想像をもっと膨らませようとした矢先だったでしょう。

                ところが一瞬で女の子のプライバシーとか尊厳とか魂は傷つけられました。

                女の子の体の表情が物語っていました。

                 

                 

                わたしは先生を恨んでいるのではなく

                どこにでもまだあるような、こんな事実があることが悔しいんです。

                女の子はなにも悪いことをしていません。

                実際に起こったことは女の子は小枝を数本持っていたということだけが本当のことです。

                その先のことは何も起こっていません。

                大人の解釈を植え付けられ楽しいことが取り上げられてしまいました。

                 

                 

                目に刺さったり他の子を傷つける場合もほんとうにあるから保育所ではそのように教えているのは分かります。

                気になったのは、、感情とか言葉とか、先生という大人が取る姿勢、

                子供に植え付けられてゆくもの、恐怖とか、

                 

                 

                女の子は、もしかして危険を先に取り除いてくれたのかもしれない大人の言葉から、

                愛を感じ取ったかどうかです。

                 

                固まった女の子を見た先生はそのあと彼女にフォローをしたのでしょうか?

                私が見ていなかっただけ?

                最後に大人から、〇〇ちゃんが怪我をしていなくて良かったわ、という言葉が聞けたら、

                彼女の気持ちもわたしもどれだけ軽くなったでしょう。

                 

                 

                自然にふれあい創造してイメージを膨らませ新しいことにチャレンジし楽しさを探して子供は成長し、

                枝に刺さることも新しい経験です、そして

                言葉の一つ一つには人間関係があり、それが愛にもなるし恐怖にも。

                恐れは疑いとか信用できないとかマイナス面のすべての根源です。。

                 

                親御さんはだれでも自分の子供に自由のない人間になってほしくはないと思います。

                 

                子供が持っている資質は人間として素晴らしいものだと思います。

                私たち大人も子供のように無邪気で明るく、疑らないキレイな心、真っ直ぐな行動力そしてあのシンプルさを手本にすれば

                きっと上手く行くのではないでしょうか。

                私はそんな気がしてだから、

                 

                 

                 

                うーーー守りたい!!守りたい子供たちを。。

                私のアンテナが敏感にキャッチしてしまい、(何をだ?kyuう〜んその女の子の気持ちかな)

                わたしの魂は正義の見方・弱い者の見方へと向っています。

                 

                 

                今年も流れに乗っていける範囲で自分の出来ることやるべきことに沿って一年を過ごして生きたいと思います。

                今年もどうぞ宜しくお願い致します。\(^o^)/

                フィットネス楽しみましょう〜〜

                 

                 

                P・S

                言葉をかえたら、先生の表情は「脅し」に近いものでした。

                だからわたしもちょっとびっくりしてしまいました。

                 

                 

                ブログ村に登録しました1クリックm(_ _)mよろしくお願いします。 にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ  

                 

                 


                注!犬と猫を飼っている人へ

                0

                  わたしは犬も飼っています。

                  そういえば、みなさんは犬を散歩へと連れてゆく時、

                  その前にお水を摂らせていますか?

                   

                   

                  わたしはずっと長いあいだ、6年位気が付かずに、

                  朝起きてから水など撮らせず本人も急ぐものですから、

                  すぐに散歩へと連れ出していました。

                  夏の暑い時期、それはとても危険だと思います。

                  寝ているあいだに血液はドロドロになると言いますよね。

                  体が動きだすと、そのドロドロ状態で血液を全身に回さなくちゃならないことになります。

                   

                   

                  人間と犬がどのように違うのかは分かりませんが、

                  犬も人間と同じ生き物と考えたら、

                  朝起きたらお水を飲んで血液の濃度をさらさらと流れよくしてから

                  散歩へ出掛けたほうが良いかと思います。

                   

                   

                  それから、

                  夏になるとペット売り場の店頭に出てくるクール感のマット、あれを犬や猫のケージの中に敷いて

                  その上にしか居られない状態になっていないでしょうかマットから移動できないように。。

                   

                   

                  それも大変危険だと思います。

                  わたしは数年前、人間用のですけどクール敷パットを腰から上だけのやつを

                  敷いて寝たことがありますが、朝起きたら大変なことになっていました。

                   

                   

                  朝起きたらわたしの首まわらず、肩動かず、上半身何も出来ず固まったまま、

                  徐々に1日位で治ったと思いますが、ただでさえわたしは寝ているあいだ、

                  そうとう体温が下がるタイプで、そこにクールマットをしたせいで、

                  夏だったとはいえ血液が回っていない状態で寝ていたのだと推測します。

                   

                  ワンちゃん猫ちゃんは人間よりも体温が高いと言われていますが

                  少しでもそんな状態になるかと思うと可哀想です。

                  お年寄りの子にはなお気をつけていただきたいです!!

                   

                   

                   

                  あともう一つありました。

                  犬、中型・大型犬など小型犬もそうかもしれませんが、

                  散歩が終わったらそのままケージに入れたり、つないだりして、

                  ウロウロ出来ないような状態にするのは危険だと思います。

                   

                   

                  大型犬の散歩は走らさないといけないということで、

                  自転車で連れていらっしゃる方のワンちゃんはそうとう心拍数も上がった状態になります。

                  それでそのまま家に帰って来てハイ終わりとつないでしまわないように。。。。

                   

                   

                  怖い怖い、怖い。

                   

                   

                  心拍数は徐々に下げるもの。

                  有酸素運動などをやったときも、今まで動いていて急に止まったりすると心臓に負担がかかるため、

                  クールダウンといって徐々にじょじょに動きをゆっくりにしながらまだ動きを止めません。

                  少しずつ少しずつ心拍数を落としてゆきます。

                  ワンちゃんも一緒です。是非ウロウロ出来る状態にさせていただきたい。

                  (猫は腎臓、犬は心臓が弱いです)

                   

                   

                  多分、犬は口から大きく息をはくことで呼吸をコントロールして、

                  そうやって心拍数も下がると思うのですが、

                  念のため、

                   

                  よろしくお願いします。

                   

                   

                  P.S

                  それから、猫の首に可愛いからと鈴をつけていることがあります。

                  うちの猫は家猫なので首輪をしていませんが、障害がある親猫だけは、

                  万が一其の子が外に出てしまった場合目が悪く大変危険なので飼い猫ということがすぐ分かるようにと一時首輪をしていたことがあり、それは小さな鈴がついているものでした。

                  あの鈴というのは猫にとってはそうとうのストレスだそうです。猫は耳が良いですから、しかも耳の近くです。

                   

                   

                  それから、犬の散歩は、ご飯を食べてすぐに歩くと腸がよじれることもあるそうです。

                  わたしの生活は犬の夕飯の流れがそんな感じにいまなってしまってるので気をつけようと思っています。確かに犬が歩いている時のお腹をみてみると、人間が歩いている時のお腹よりもはるかに大きく左右に揺れています。

                  よろしくで=す。

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  あいさつ

                  0

                    昔、わたしがはじめてスポーツクラブというところの会員になって
                    レッスンに参加しはじめたばかりのころ、
                    スタジオのエアロビクスの先生がレッスンを終えて参加者が退場する時に、
                    ありがとうございましたと言うのを聞いてなぜそう言うのだろうと思ったことがある。


                    だって、、、わたし先生のために来たんじゃないし、
                    私はずっと受け身の立場でレッスンを指導してもらっていて、
                    はたしていま先生にありがとうとお礼を言われることしたのだろうか?

                     


                    それに、ジムのエリアではアルバイトのスタッフも居たりする中、
                    マシンの方でちょっと見てもらったとして、
                    そのスタッフは私にありがとうございましたとは言わない。
                    どう考えてもありがとうございました、を言うのは教えてもらったわたしの方だ。
                    なのにどうしてスタジオを終えた後にインストラクターは
                    皆にお礼を言っているのか、不思議だった。
                    レッスン料を直接先生に支払ったわけでもないぞ。

                     


                    しかし実際に自分がインストラクターになってからはというとやはり、、言っている。
                    レッスンが終わって参加者が出てゆく時、ありがとうございました。と言っている。
                    どうもー、とかお疲れ様でしたー、とも言っているが。


                    よくよく考えてみた。
                    今日レッスンに来てくれてありがとうございます、
                    とインストラクターが言うのには無意識の下心があることがある。
                    お礼を言うことでまたその人は参加してくれるかもしれない、ということや、、、、

                     

                    私にお給料が出るのはあなたのおかげです、
                    だったらすごい。だけどそっちか、だよね。。
                    あなたが今日来てくれたおかげでレッスン盛り上がりました、
                    なら一番よいが、


                    下心とは、あなたの参加が集客につながってわたしの
                    インストラクターとしての人気や地位が安定するので良かった助かりました。
                    ということだ。


                    しかし考えてみたら参加者がお金を払いながらレッスンに参加しているのは
                    インストラクターのためじゃなく自分のためなのだ。
                    インストラクターが(もちろんそんな意識はないけれど)、
                    まるで営業者のようなことになっていたらそれでは少し違うんではないか、



                    マシンのエリアのスタッフが会員さんに
                    そこで一回何かを教えてチャリんとお金が入ってくるならば、それなら
                    ジムエリアでもスタッフの口からありがとうございましたという言葉が飛び交っているのかもしれないが
                    彼らはそこで何かを売って儲けているという意識はない。

                    インストラクターも同じはず。




                    わたしは決してインストラクターがレッスン後にありがとうございました、
                    と言うことを否定しているわけではなく、
                    インストラクターとしての、
                    みんなが来てくれてほんとに嬉しかったという純粋な気持ちは。
                    態度や言葉に簡単に現れていればそれでいいのだとも思う。



                    言葉ってとっても大事だよね。
                    そこには真実が隠されているし、またなければならないと思う。
                    インストラクターがただお決まりのようにペコンと頭を下げてありがとうございました、
                    という時、何をもってそう思うのか。
                    たまには考えてみるのもよいかもしれない。



                    ブログ村に参加しています1クリックm(_ _)mどうぞよろしくお願いしまにほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ  



                     


                    マタニティヨガに興味あり

                    1

                    TVのニュースでは子供に関する悲しい事件が多く、
                    自分の子供達の幼かった頃とダブらせてしまい、これは許せない現状だと憤りを感じながら、
                    ・・・いけないいけない、今は料理中。

                    怒りのこもった料理が出来上がってしまう!
                    と気を新たにしたりしています。


                    そんなとき、マタニティヨガはどうかな!と私は考えていました。


                    マタニティヨガ・・・


                    子供が少なくなるこのご時世で仕事としての需要はどうなのかは分からないのですが、
                    母親というものは、子供を身ごもったそのとき
                    (いや本当はもっとそれ以前からといいたい)から準備を始めるべきとわたしは思います。


                    お腹の中の赤ちゃんに話しかけたり音楽を聴かせたりすることは、
                    今ではもう当たり前なのですか?


                    私たちの25年位前の妊婦さんはそれを表面的にやっている人はおりませんでした。
                    個人的にはやってたのかもしれませんが、
                    まだそのようなことは浸透していなかった時代です、私でも、
                    3人のうちの1人のときだけ、話しかけていた時期がちょっとありました。・・・くらいです。


                    マタニティヨガの教室では瞑想なども、教えるのでしょうか?


                    妊婦さんには体が良くなることと精神がよくなること、それが必要です。
                    赤ちゃんかお腹の中にいるとき、その時のその母親、父親の状態が、
                    生まれてくる赤ん坊の性格や容姿に大きく関係する、
                    と私の信用しているケイシー療法を行うケイシーは言いました。
                    私はそれを実感しました。
                    私の子供達、3人分で分析してみると、本当にその通りの部分があることを後からですが痛感しています。

                     


                    子供は地域で育てる、と言い、
                    私の住む地域でも商店街のおばちゃん達が学校帰りの子供達に「お帰り」と声かけをしている声が聞こえます。
                    それは本当にありがたいことでそんなおばちゃんがずっと居てほしいと思います。
                    もしも私がお手伝いしてあげることができるとすれば、
                    未来の日本を背負う金の卵たちを育てるには、そのお母さん達を育てていく、変えてゆく、
                    ことが出きるかもしれないと、そう思いました。
                    マタニティヨガ・・・

                    これからのお母さんたちに、母としての歓びがあることを伝えたいなって思います。


                    ブログ村に登録しました1クリックm(_ _)mよろしくお願いします。  にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ  

                     

                     

                     

                    2016・8確認

                    わたしはマタニティヨガの講師になりたくて、いまは1つだけ資格を取りましたが、

                    まだまだ勉強をしてから実際にレッスンを持ちたいと考えています。

                    お母さん、子供が泣いても無視しないで!!

                    お母さんに泣きながら話しかけているのにお母さんはなぜ何も答えずずっと歩き続けているの?

                    泣きながらそれなのに、お母さんの裾をつかんでちゃんと付いていく子供。

                    悔しい〜 あんなお母さんなら付いていかなければいいのに。

                    お母さんにとってはひとときの出来事が、

                    子供にとっては一生ひきずることになってしまうよ。

                     




                     


                    | 1/5PAGES | >>