フィットネスインストラクター ブログ エアロビクスがうまくできない | フィットネスインストラクターになろう girlsfitness.jp


記事別categories

新しい記事順(カテゴリー別)

腹筋がつくと骨盤は整ってきます

無料体験期間中


アニメアイコン2.gif  
  
フィットネスのお仕事画像2.png
求人情報ロゴ.jpg

エアロビクスがうまくできない

0

    エアロビクスなどをやってみると、
    ほんとうに、運動神経というものがあるのだと思わされますね。

     


    運動神経がある人ない人、というのは、
    からだがうまく使える人とそうでない人と同じかもしれません。
    でも運動神経という神経は誰にでもあると思うので、
    言われている「わたしには運動神経がない」という表現は本来ちょっと違うのでしょうか。


    運動神経の良し悪しは、
    脳からの指令がでた時に神経と筋肉とがどれだけつながっているか。

     


    人はからだを使うことで、からだと仲良しになってきます。
    体がうまく使えない(踊れない)人は、もしかして
    だいぶ長いあいだ、体を動かすことをしていないのでは?


    その結果、

    運動を司る神経と脳とのつながりが悪くなってしてしまったのかも?
    でも安心して下さい。
    神経というのは使えば発達してくるものらしいですから、
    使うことでまた力強く復活させることが可能らしいです。

     


    生まれつき運動が苦手だからという考えでエアロを諦めてしまうのは
    実にもったいない。でも、


    エアロをやってみて「好き」と感じれば問題なく通過できると思いますが、
    しかしからだの為に運動をやらなくちゃいけないからといった理由でエアロをやる場合には

    少し忍耐力が必要かもしれません。
    慣れてくるまではそれこそ今まで使っていなかった神経を沢山使うでしょう?!

     

     

    運動生理学から言うと、
    からだを使って初めての何かをしようとするとき、
    神経筋促通といわれる期間があり、

    踊っている時、あまり考えないで体の感覚で踊って下さいね〜とは言っても、
    どんなことでもからだについての指令を出していくのはすべて脳みそで、

    その脳みそと筋肉をつないでいる神経があるのですが、
    まずは神経、そっちが発動しなければ筋肉も動かないということで、
    まずは神経伝達を良くしてゆく、そういう一定の期間があります。
    新しいことを始めたばかりの期間がそれです。

     


    からだを使って何かを初めてしようとするとき、
    始めからいきなり、慣れている人と全く同じことは出来ないわけで、
    1回目と20回目を比べたら20回目の方が上手にできます。
    それは神経と筋肉のつながりが良くなったからということになります。
    それは誰でもが通過してゆくからだの掟なのですが、
    しかし、

    なかなかレッスンに慣れてこない理由の一つとして、
    いつまでも「頭を使って踊っていること」がひとつ挙げられるかもしれません。
    これは普段頭をよく使う方に現れやすいのかもしれません。
     

     


    頭を使って分析したり考えながら踊っていると、その分反応が遅くなります。
    インストラクターがやっていることを見たら、

    何も考えずにダイレクトに自分のからだへと伝える。

    モノマネとも一緒かもしれません。
    音が速くなってくると頭で考えていては時間が無く、とてもついていけません。
    (複雑な動き・上級クラスあたりになると頭で考えないと無理なこともありますきゃvネコ))


    内容が難しすぎたり、まだ慣れないさいしょのうちは汗がでませんよね!
    それは緊張で血液が体を回らなくなり、毛穴もしまるでしょうからね。
    汗を出すためには血液を脳みそにやらないで、体に回してあげます。

    リラックスすることでそれが可能です。
     

     

    初心者のうちは頭を使わないと出来ないならば、
    考えながら踊っていても問題ないと思います。
    そのような時期は誰にでもあって、脳みそと神経のつながりを良くしている期間です。

    次第に体が覚え、理由なく体が勝手にうごいてくれるように必ずなりますから、そのときに
    あ・上手く出来るようになってきた!って感じます。


     

     


    2012・7確認
    たまにエアロビクスのレッスンで終わったあと「頭も使えて良かったわ」といわれる参加者がおります。
    難しい手の振りがついた時や、足の動きに普段と変わったものが入ったときなどです。



    これは、言われると一瞬、ひるむ私です。

    その人の体の中のことはよく分かりませんが、
    「頭はあまり使わないで下さいね」とも言えないからです。

    ピラティスは確かに「考えるエクササイズ」と言われている通り、
    頭も使って肉体がどうなっているのかを分析しながらやります。
    しかしもっと速い動きのダンスという、外へと意識を向けて表現力を体一杯に使うところで頭を使うということは

    効率的でない気がします。
    次は何の振りだっけ、足はここまで上げるんだったよね、右手の角度はこのくらいで、、、、
    など考えていると動作が遅くなって緊張してしまいます。

    いや実際にはダンスをしたとき、脳が活性化されていることは間違いないのでしょうが、
    頭を使ってダンスをするというよりも、
    頭のなか、空っぽになって踊れるのがダンス良いところ、の方が正解!!と思います。
    ですから、エアロのレッスンを受けて少し経つと「あのレッスンどんな振りだったっけ?」と忘れていること多いと思います。
    そんなとき、考えると思い出せないのに、踊ってみると思い出せることがあります。

     

    私が参加者の立場でエアロのレッスンを受けている頃、

    よくお友達と、踊っているあいだ頭の中空っぽになれるのがいいよね!って言っていました。

     


     

    2017・1確認

    エアロビクスのレッスンの1時間のなかでも、

    間違えないようにと覚えながら踊っている最初の頃と、

    コリオが完成して、最後の通しで頭空っぽ的な感じで踊っている時と、

    使われている脳の場所って違うかしら?

    前半は左脳がもっぱら使われていて後半は右脳も、ってな感じかしら。



    ぶろぐ村に参加しています。
    クリックよろしくお願いします。
      にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ 人気ブログランキングへ


    コメント
    面白く読ませていただきました。私もできなくて、今日も終了10分前にやめて帰ってきてしまいました。とても辛かったです。ほかの人はうまくやっているのに・・・。けれども私のようにやりたくてもできないものにとっては、動きが複雑になると全くついていけないのです。どうやって動いて良いのかわからないので、踊りは続けられません。そもそもこういうところには運動が得意な人が集まっているとしたら、全く場違いなとことへ通っているのかもしれません。
    • 寺田さゆり
    • 2015/01/23 10:52 PM
    寺田さゆり様!はじめまして。

    コメントありがとうございます。遅れてすみません。
    参加者がレッスンを受けたときとても辛かったと感じさせてしまうことは我々インストラクターとしては複雑な胸中で考えさせられます。

    エアロビクスは本来・ダンスと運動の両方を兼ね備えたものですが、エアロビクスレッスンのなかでは手の動きをやらない・回らないなどして、
    脚が止まらないでしっかりと動けいていける「運動」という要素だけを取って行うことも出来ます。
    インストラクターがあれこれ言うので同じようにやらなければいけないようになってしまうと思うのですが、

    まずは初級・初心者クラスの中で、
    始まりから動きはだんだんと複雑になってゆくと思いますが、ここまでの動きだったら出来ると思ったそこまでの動きをひたすらやってゆくという方法で1時間行うこともできます。
    手の振りのことは考えないで、
    脚の動きだけに集中してみてください。

    その場合、手がついたり変化してゆく周りの人と違うことをやるというストレスにもなりかねますので、
    本来はインストラクターがそれを誘導しなければいけないのです。

    「エアロビクスがうまく出来ない」の記事、今少しだけ書き直してみました。。

    それから今日はアップ出来ないと思うのですが新しくそれについて記事を書いてみたいと思いましたので、後日また見に来てください。(^o^)
    • 管理人
    • 2015/01/27 11:53 AM
    こんにちは。
    都内近郊ティップネスでステップエクササイズを
    楽しんでます。
    質問よいですか?
    現在5段階あるうちの真ん中(ベーシックステップ2)に
    参加することが多く、大体80〜100%出来る感じです。
    時々上のクラス(ミドルステップ)に参加して見ているのですが、とにかくこの壁が高い....高過ぎる。
    難しめの2、易しめのミドルに出たりもしていますが
    どうにもこの壁が越えられそうも無く、
    諦めよう、いやまた出てみよう、と気持ちは揺れています。
    上手くなるには「出続けるしかない」
    と皆さんおっしゃるのですが、さっぱりわからないものに出ても意味ないんじゃないかしら?
    しかたなくDVDで自主トレしたり
    (ジム用のステップ持ってます〜)
    なんとかフットパターンを増やして動体視力に
    繋げたいとは思うのですが....
    なにかこの壁を越えるヒントがあったら
    ぜひ教えてください。よろしくお願いします。
    • よしえ
    • 2016/10/27 8:27 AM
    よしえ様
    はじめまして!^^
    壁を超えるヒントですか〜!?う〜ん難しい質問です。笑
    私も皆さんと同じく出続けることが近道だとは思います。手応えを感じるときが必ず来ると思います。
    ミドルの壁が高いと感じていることは、ベーシックステップ2で80〜という数がよしえさんの言葉に出てきている通りなのだと思いますベーシックステップ2で120%になったときミドルステップも完璧にこなせるのだと思います。
    ベーシックのその月の動きをすべて丸暗記しておうちで自分のものにしちゃって下さい。からだがそらで動くようになるまで何度も。
    一段階を消化すれば次が見えてきますよ〜〜
    \(^o^)/
    • 管理人
    • 2016/10/28 1:31 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック