フィットネスインストラクター ブログ レッスンは観察しながら | フィットネスインストラクターになろう girlsfitness.jp


記事別categories

新しい記事順(カテゴリー別)

腹筋がつくと骨盤は整ってきます

無料体験期間中


アニメアイコン2.gif  
  
フィットネスのお仕事画像2.png
求人情報ロゴ.jpg

レッスンは観察しながら

0
    フィットネスクラブでインストラクターとしてエアロビクスの指導をするときの参考にされて下さい。

    現役インストラクターの方は、自然にもう出来ていることとは思いますが、
    養成のときに習ったことを引っ張り出してきて、思い出してみます。

    私たちの仕事でレッスン中にしなければいけない大切なことの一つに、
    参加者を観察することがあげられます。


    例えば、始めてそのクラスを受け持つときや、
    参加者の顔ぶれが毎回同じでないときなどは、
    まず、ウォームアップのときに全体もしくは個人のレベルも見ると思います。
    全体的な初心者の有無、運動能力のレベル、それから参加者の体調のチェックなども。
     
    このとき場合によっては、「今日は考えてきたことはやらないでおこう」と思うこともあるかと思いますが、また場合によっては、ポイントを明確に示しておけば出来そうだということもありますね。
    こういったことが、まずウォームアップの時にできる観察になります。


    メインパートでは、
    運動の強度は適切であるか。参加者に無理な様子はないか。表情や息遣いなどの観察。そして目的にあった動きをしているのかどうか。

    これは、音楽の速さ、上肢の動きを減らす増やす、
    移動を少なくする多くするなどで調節していきます。
    キューイングの仕方でも参加者が動きやすい動きにくいが変わってきます。
    ・・・・・・


    コンディショニングでは、
    エクササイズの目的に合った動きをしているかどうか、姿勢、ポジションは正しいか、
    呼吸も止まっていないかどうかの観察です。

    呼吸は正しく出来たら一番いいですが、そのまえにアライメントの指導です。
    ですので、自然に呼吸をして、決して踏ん張ったり呼吸が止まらないように声をかけます。
    余裕がありそうだったら、呼吸をつけて、トレーニングしてもらいます。


    目的の部位を意識的に、そして効果的な動かし方をするようにインストラクターが示します。
    注意点を言いながら、個別指導もします。
    ・・・・・


    クールダウンでは、目的の場所がストレッチされているかどうか、ポジションは正しいか、心身はリラックスできているかどうかの観察になります。


    意識的効果的にストレッチするように声をかけ、緊張をほぐすように、照明、カーテンなど工夫します。
    効率よく伸びるための呼吸法を指示し、ストレッチの効果を説明します。
    ・・・・・


    これらは、毎回インストラクターはやっていることですが、
    参加者の顔ぶれがいつもと同じだと、ついつい安心して、怠りがちになります。
    毎週毎週同じ顔の参加者しか来ないレッスンでも、きちんと観察し、その日のその場に応じて修正しながらレッスンしましょう。
    わたしも中々出来ていないことです。


    2012/7確認

    ぶろぐ村に参加しています。
    クリックよろしくお願いします。
      にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ 人気ブログランキングへ


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック