フィットネスインストラクター ブログ インストラクターになったきっかけ | フィットネスインストラクターになろう girlsfitness.jp


記事別categories

新しい記事順(カテゴリー別)

腹筋がつくと骨盤は整ってきます

無料体験期間中


アニメアイコン2.gif  
  
フィットネスのお仕事画像2.png
求人情報ロゴ.jpg

インストラクターになったきっかけ

0

    わたしがフィットネスインストラクターになったきっかけは、
    旦那の会社で大幅な給料の削減があったことでした。

     


    ほぼ専業主婦の状態からいずれ近いうちには
    私も真剣に働かなくてはならなくなりそうだと思った時、

     


    ちょうどその頃趣味としてはまっていたエアロビクスのインストラクターになれば、
    スポーツクラブを辞めずに踊っていても会費を払わなくて済む、
    それどころか収入源となるということに気がついたのでした。


    短時間で高収入なこの仕事なら主婦業とお仕事の両立ができそうだ!
    と言った理由も大きかったです。

     


    インストラクターになろうかな!と思いはじめたそこからは一気に燃え上がり
    インストラクターになりたい魂!を持ち続けたわたしでしたが、

     


    もしも
    旦那の会社で給料削減がなかったら、
    そのままずっとずっと会員として生徒としてスポーツクラブに通っていたかもと思います。


    その時のようにインストラクターになろうと思った理由が、
    私の場合はそれは絶妙なタイミングでやってきたように思えるのです。

     


    養成コースに通うきっかけというか理由が
    うまい具合に向こうからやってきたと思うのです。


    なぜ、特にそう強く感じたかと言うと
    それは何年も前にこういうことがありました。

    ある私の友達が、私よりもずっと先にサークルでエアロビクスを習っている友達ですが、

    ちょうどその時のインストラクターに彼女も憧れたようで、
    私に投影してくれ、
    彼女は私にエアロビクスのインストラクターになってみたら?!
    というようなことを言ってくれました。
    当時私たちがまだ20台。


    私がスポーツや動くことが好きなことを幼いころから知っているそのお友達は、
    よく私にエアロビクスのインストラクターになれば?、なれば?と
    電話で話すたびにずっと言ってくれておりました。


    ところが、
    その時の私は、エアロビクスなどやったこともなく、
    スポーツクラブにも行った事がなく、
    子育てで精一杯の時期でしたし、自分にはそんな仕事出来ない、
    出来るわけがないと思っていました。

    人の前に出る、しゃべる、肩を出す、
    リーダー的な要素はこれっぽっちも無いし、と思っていました。

     


    専業主婦から社会に出ていくというのは一大事ですし、
    本当に本当に出来ない、
    インストラクターの仕事は私には絶対に向いていないと思っていました。

    その時に旦那の給料削減があったとしても、
    私はインストラクターになって家計を助けようなどとは絶対に思わなかったのです。
    パートさんに出てコツコツとやっていたか、
    フィットネスのインストラクターでは無い違う道に進んでいたと思います。

    時はまだだったのです。


    しかしそれから何年もあとになりますが、
    会員としてですがスポーツクラブに通う!など、
    なんだか上手い様に月日が流れて、いつしか養成コースへ通っているわたしがいました。


    人の気持ちや考えって環境でも変わるし、時間が経つだけでも変わったりするものですね。
    インストラクターなんて自分には向いていない!と思っていたあのころから時間が経つことで私の考えは少しづずほぐれ成長し、
    子供の手が離れると共にわたしは色々やりました。
    パートをして社会にも出ていくようになりました。

    そして、その時がやってきました!旦那の給料削減の時です。

    そのとき私は既にパートで社会に出て数年経っていた!
    エアロビクスをそこそこやっていた!
    タイミングでした。



    振り返って考えて、最初にお友達が勧めてくれたの、
    その20代のときに、もしインストラクターになっていれば、
    もっと若いインストラクターでやれてて
    そのほうがよかったのに!

    、とは思いません。

    その頃のわたしでは本当にインストラクターになる気は全くありませんでした。
    環境的にも精神的にもまだ出来る段階にはありませんでした。


    自分が本当にやる気になるには、流れとか、環境とかそして
    ちょうどいいタイミングがあるのだ!と思いました。


    今インストラクターになりたくても養成コースに通う踏ん切りがつかめない人、
    いらしたら、わたしのそのときと同じそのような「チャンス」というか「サイン」が現れたら、
    見逃さないで、是非とも進んでほしいと思います。



    2012/7
    私にエアロビクスのインストラクターになれば?と言ってくれていたお友達に
    感謝をしたいと思います。
    20代のそのときは、いや私は出来ない、と断固思っていたとしても、
    彼女の言葉はわたしの胸にずっと響いていました。

    2016・9確認

    そしてわたしに沢山の楽しいエアロのクラスを教えてくれ、一緒に受けさせてくれたてくれたお友達にも

    本当に感謝です!!

     

     

     


    ぶろぐ村に参加しています。
    クリックよろしくお願いします。
      にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ 人気ブログランキングへ       


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック