フィットネスインストラクター ブログ 時給(レッスンフィー)の上げ方 | フィットネスインストラクターになろう girlsfitness.jp


記事別categories

新しい記事順(カテゴリー別)

腹筋がつくと骨盤は整ってきます

無料体験期間中


アニメアイコン2.gif  
  
フィットネスのお仕事画像2.png
求人情報ロゴ.jpg

時給(レッスンフィー)の上げ方

0

    フィットネスクラブなどでフィットネスインストラクターとして働きはじめるときの参考にして下さい。


    わたしが初めてインストラクターのお仕事をやったのが、
    エアロビクスのインストラクター。


    時期は半年ズレますが、ほぼ同時期にさいしょに2か所のスポーツクラブでレッスンを受け持ちました。

    その時の時給はどちらも3000円でした。

    (そこから所得税が1割引かれるので、手元に来るのは、
    時給2700円ということになりますが、
    これは3月の確定申告で申請すれば全部戻ってきます。パート程度、稼ぎすぎなければです)


    わたしは時給3000円からのスタートでした。

    一つは大手の有名な○○ラルスポーツクラブでしたが、
    そこでは半年ごとに契約がありましたが、上がっても30円とか、
    まったく上がらなかったり、100円上がった時もあったりで、
    結局のところそこでの時給は3年間の契約で、
    最後までに250円しか上がりませんでした。

    わたしは契約のたびに
    「まあいいか!こんな私がインストラクターやっているわけだから」と思い、
    1時間で3000円も頂けるのだから他のパートへ行くよりも大金を稼いでいると思っていました。
    欲は全くなく、インストラクターとしての一生涯ずっとこのまま時給3000円でもいいと思っていました。


    しかしおおよそ2年位経って、インストラクターとして自信がついてきたころでしょうか、
    次に他のスポーツクラブのオーディションを受けた時には、合格の手応えがあったので、
    時給を申し込む用紙に希望の時給を3500円!と書きました。


    オーディションの中身や履歴書でわたしがどのような仕事をするのかはクラブ側におおよそ分かってしまいますので、

    そのスポーツクラブからの電話連絡で、合格ですが時給は3150円でどうでしょうか!と、言われ、

    わたしはとっさに「その用紙に書いた3500円ではダメでしょうか?」と聞いていました。

    すると、「それでは一回電話を切りまして、また内部の者と相談してからこちらからまたお電話いたします。」と言われ、
    それを聞いて焦った私は、
    「あ、では分かりました。その金額で結構です」と言ってしまったのです。

     


    今考えれば、おそらく3500円では通らなかったにしても、
    少しは見直してくれて3250円辺りまではいったのではないかと思います。

    交渉ですよね。

     


    でもわたしはその時まだ新米と言うかちゃんとしたオーディションというものをはじめて受けたときのことで、

    電話で1つ返事をしなければ、
    わたしの合格は取り消され、違う人が雇われてしまうと考えてしまったのでした。


    合格したからにはそんなことは無いのです。
    (そこのクラブには1年半いましたが、時給は1円も上がりませんでしたのでやはり交渉していればと思います)


    そんな感じで、時給を上げる努力をしていかなければ、

    向こう任せになりほんとうにちょっとづつしか時給は上がっていきません。

     


    しかし何年もインストラクターを続けていれば、自分はいくらいくらでないとこの仕事は引き受けませんよ!

    という風になってきます。
    集客が取れたり、仕事に自信が持てるようになれば少し大きな額が提示できるようになります。


    次にわたしは、怪我をしたお友達インストラクターに代わってレッスンを受け持つことになったとき、

    そこのクラブとの契約の前に、3500円でやりますのでお願いしますと言っておいたところ、

    そのまま時給3500円で了承され、大幅にアップしました。


    フリーインストラクターの時給は、
    どこかは時給3500円だけれども、べつのクラブはまだ3250円であるという感じで、

    別々に徐々にアップしながら平均があがっていくことになります。


    その後わたしはまた別のスポーツクラブで仕事を引き受けることになり、
    当時の自分の最高時給額の3900円になりましたが、
    その時には契約のとき、私が時給4000円を希望して、そして結果3900円になったのです。
    ですので契約時の時給希望額、請求額というのは多い方が絶対にいいです。

     


    自分の時給を多めに希望するということは、
    自分のレッスンに自身があるということでもあります。
    長くやっているインストラクターはみんな交渉しています。

     


    時給3900円で契約したそのスポーツクラブは有名で全国区ですが、
    やや二流のスポーツクラブです。大手のスポーツクラブでは、
    女性インストラクターの場合は特に、
    今は新人さんからはじめて3年間では900円も上げてくれないと思います。
    大手のスポーツクラブというのはトップインストラクターでない場合、はじめが肝心で、
    よほど集客がとれなければ、普通位であれば、本当に時給は上げてくれません。
    上がっても10円単位ですから。。
    経営においても大手一流企業ということで、そういうことになります。
    しっかりやられてしまいます。



    だいたい時給を決めるときにはどこのクラブでも歴をみられます。
    インストラクターとして指導歴が長ければ、長いほど時給が高いということは言えると思うのですが、

    それも自分でアピールしなければダメなときもありました。
    私は指導歴7年目で、オーディションがなく友達インストラクターから紹介されたスポーツクラブで、

    クラブ側から「最初はこの金額でお願いします!」っと時給3000円を提示されたことがあります。

    その額ならば今はちょっとお引き受けできませんということで、一回お断りし、
    (その時には仕事が一杯になってしまい、本当に引き受けなくてもいいと心から思ったのです)
    すぐ後になって、また同じ担当の方から4500円でどうですか?と話が来ました。

    当時3900円が最高だった私としては、すぐさま「それならばやります」と契約し、
    他の時給の低いスポーツクラブとは次の期の契約はしないようにし本数を調整していきました。



    そんなこんなやりながら、皆さんも本当に指導歴が10数年と長くなって、

    これだけやっているのだから安心してください!私は出来ます!

    5000円は下さい!と大顔で言えるようになるのだと思います。


    しかし言わなければだめかもしれません。

    時給というのはどんどんと上げる努力をしなければ、いけないですし、
    謙虚さも大事ですが、3000円で納得していたらクラブ側の言いなりに、
    そのあたりで納まってしまいます。

     


    不景気なので、スポーツクラブ側の目も厳しいです。
    私たちフリーインストラクターも生きていくためには必死で時給、上げていきましょう!

     



    私の場合は本業が主婦ということで、一週間の仕事の本数が少なかったために、
    場の数も踏んでなく契約の数も少ないので時給が上がるのも遅かったと言えます。

    時間があってバリバリとインストラクターとして働きたい人は、
    積極的に交渉して、
    ダメならばどんどん違うクラブに移るなどして上げていくのがいいです。


    同じフィットネスクラブで集客のとれる人気インストラクターとして5年以上もやっていて、それなのに
    まだ時給が3000円辺りの人は(働いている地域にもよると思いますが)、
    時給アップの交渉をするべきだと思います。

    他の時給のお話はこちらからリンクします

     


    2016・9確認

    クラブ側で社員さんがスタジオのメニューを本当に上手にこなすようにと教育を受けているので、

    フリーインストラクターも何かを持っていないとドンドン置いていかれる時代になってきました。

     

     


    ぶろぐ村に参加しています。
    クリックよろしくお願いします。
      にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ 人気ブログランキングへ       


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック