フィットネスインストラクター ブログ 出来るかな〜って | フィットネスインストラクターになろう girlsfitness.jp


記事別categories

新しい記事順(カテゴリー別)

腹筋がつくと骨盤は整ってきます

無料体験期間中


アニメアイコン2.gif  オーディション受けていますか?  
 一つのところに縛られないで色々経験しましょー   
     フィットネスのお仕事画像2.png
求人情報ロゴ.jpg ←←← セールやってるみたいです!

出来るかな〜って

1

今日、自分のエアロビクスのレッスンをしているとき、見えたのです。
ガラス越しに私のレッスンを見ている(見学)している60代位の女性が。

私はレッスンをしながら考える余裕があった、

というよりはその瞬間に分かりました。

 


一心にこちらを伺っているあの方はもしも私のレッスンに参加することになった時に、

出来るかどうか、ついて行けるかどうかを見に来たんだな〜!と気がつきました。

インストラクターをしていてだいたい分かるようになったのは、
レッスンでも、はじめて出会うその人はエアロビクス経験者なのか初心者なのかが。
それはその人が緊張しているかどうかの雰囲気からうかがえることが出来ます。


その人は私には緊張しているように見えました。
そして遠くからでも、その人の意識が私に集中しているのが分かりました。
ですから、私はその人はこれからエアロビクスというものを始めてみたいのだけど、
自分にできるものなのか、はたまた、前に違う先生のには出たことがあるのだけれど、
目の前のこの先生のレッスンはどんな様子なのだろうか、と、
それを確かめているのだと感じました。


その人はレッスンが始まった時から暫くの間見ていました。
はじまりのときからしかと見ていたという辺りでも初心者だということが伺えます。
エアロビクスを良く知り、こなしたいと思う方は、後半のちょうど一番キツイところや

盛り上がるところを覗いてみたいと思うかもしれません。


私はその人は、私のレッスンには残念ながら参加しないと思います。
悲しいけど「出来ない」からです。


私はエアロビクスではいつもちょっと心が重たい思いをしています。
それは、始めてエアロビクスをやるという人が、付いて来れないという不安です。

いくら「かんたんエアロ」というレッスン名でも、
初心者エアロとは、違う内容になっています。

いくら「かんたんエアロ」というクラス設定だったとしても、
参加者は経験者しか集まりません。
どこのスポーツクラブでもそれは同じだと思います。
ですから特に初級のレッスンに、はじめて今日参加しますと挨拶に来てくれる人からは、
「付いていけるか分かりませんが」という言葉を非常に沢山聞きます。


結局スポーツクラブというところは、健康な人の来るところで、
スポーツクラブに来て最も楽しんでいる人は、運動の出来る人じゃありませんか。
フィットネスインストラクターとして約10年間やってきたところ民間のスポーツクラブでは、

どこでも同じ感じでした。


今日レッスンを見学していたその人の私の方を見ていたシルエットを思い出すと、悲しいです。

そのあときっと、がっかりして帰って行ったのだなと思うと。


一緒に楽しくやれたらな、と思いますが、
私のレッスンに参加して!!初めてでも大丈夫ですよ!!楽しく動けますよ!!
と言えない自分の力の無さにがっかりです。

初心者クラスであっても今日始めてエアロビクスをやってみます

という高齢者にはレベルが高いです。



スポーツクラブさん、スポーツクラブさん。
その中では動ける人たちだけが、動いていますよ。
スポーツクラブとは、動けない人は来られない所ですよ。
動けない人を何とか続けて運動が出来るようにしてあげられないものでしょうか。


いっそ、エアロビクスという肩書きを外したらどうでしょうか?
でもエアロバイクでもない、VステップをBOXステップを、
グレープバインを無くした有酸素運動のクラス。

10年くらい前まではどこかに残っていたそのような原初のエアロビクスって、もう見かけないです。

ウォーミングアップの延長のような内容というか。

(そういうやり方で断固進めていらしたイントラは本当は貴重な存在です)

 


体をどのように使ったら良いかわからない人は頭で理解しようとするのです。
でも、運動って肉体で分からなければ、上手に出来ません。
ですからそんな人は体で理解できるようになる前にスポーツクラブを止めてしまうのです。
そんな人には図解で説明つきの運動のクラスなどいかが??

まだ神経促通の段階の参加者たち対象です。



スポーツクラブへいつでも自由にやってきて、レッスンを自由に選んで、自由に帰ってゆく。
その自由という部分が、目標を分からなくしているのでは?
自分の体のことが分からない人にその自由は放任と一緒です。

結局は本人次第ということになります。

しかし底辺にいる人を見捨てない大型スポーツクラブは出現しませんかア


もしかするともっと違う世界があるのに、私はそれを知らないだけなのかもしれませんから、聞いてみます。
どなたか、大きくても皆にあったか〜い運動の世界はご存知ですか??


世の「大型スポーツクラブの改新」をせつに願います。



2016・9確認
別に大型じゃなくてもいいわけですよね運動を提供するのが。

小さい施設のほうが目が行き届く場合もあるのかも。

やっぱあたたかさが感じられる場所がみんな好きだと思います。

 


ブログ村に登録しました1クリックm(_ _)mよろしくお願いします。  にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ  

 


コメント
出来ないから参加されないというのは悲しいですね。最初は出来なくて当り前ですからね。一緒に受けて途中で難しくなると退場されるかたも見てて残念です
  • K-J
  • 2013/05/14 10:38 PM

k-jさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。^^

私もはじめはそうでした。私がエアロビクスをし始めた頃、他の人の中に一人だけ出来ない自分を発見したくないものでした。


インストラクターの目線からしても、
k-jさんの仰せるとおり「はじめのうちは出来なくて当たり前」なのに、その事実を受け入れたくないと思っている方を引き止めることは中々出来ません。

続いて参加されないのは、気持ちがついてゆけない、振りが出来ないほどそれはストレスになるかただと思うのです。


エアロビクスのクラスの場合、体力的について行けるかどうかの心配よりも参加者は、振りが出来るかどうかの心配の方が大きいと感じている。と私は感じています。
  • 夕貴
  • 2013/05/15 2:21 PM
こんにちは、とても内容良くわかります。昨日も下から2番目のエアロのクラスで多分初めての方だったのでしょう。先生も心配していてやはりついていくことが出来なくて先生の方から退出を促されていた様子で最後はご自身からスタジオを出て行かれました。
とても悲しい事です。ブログの通りクラブは動ける人だけがくる場所なのかと悲しい気持ちですね。

またクラブに入会する人達のほとんどはエアロやステップ等の経験が全くない中年層が多い為、1度出来ないと2度は参加しないですね。

子供なら夢中になって参加するだろうと思っていても大人はある程度自分の運動能力も自分で把握してる為、みていても無理なものはやらない。そんな感じです。

自分も最初Tへ入会した時大変でした。それ以前に苦でやっているエアロの教室へ参加していたものの、民間と公共とのエアロの難易度の差が大きすぎてついていけなクラスだらけで、きつかったですね。

初心者にもちょっとだけ頑張れば出来ない事はない範囲のエアロやステップがなければ(その為には今の様な難易度のクラスを下げなければ実現は出来ないですよね)続けられない。その一方で会員は難しいものを要求する。またフリーのインストもそれにこたえなければ今度は自分の収入にはねかえるから下げられない。
これって悪循環じゃないでしょうか?

初心者でも出来るクラスがあるクラブって新店(新しくオープンして間もないクラブ)くらいでしょうか?

あまりコリオが難しくてストレスためすぎて自分は低音性突発性難聴になりましたが、今は無理のない程度のエアロやステップだけに絞っていますね。

結局むりすると心も折れてしまいますし、また体のどこかで故障がおこるという事なのでしょう。そんな風に感じております。
  • ももこ
  • 2013/05/19 8:07 AM
ももこ様

貴重な経験談を聞かせていただけました。
難聴になるほどではよほどストレスになっていたことが伺えます。(/ω\)

新しくオープンしたクラブは何でも本当に初歩的なところからやりますよね!
「それは会員さんの様子を見ながら」ということで、設立当初はそれが出来ているのに数十年も経てば、
このクラブはおおよそこんな感じの参加者が集まってくるからその人達に合わせてこんな感じで行こうという流れになっていきます。
それでは結局はクラブ側の方が参加者を選んでいることになってる気がします。

クラブが提供しているものと、参加される人の「考えや気持ち」「モチベーション」とか「求めているもの」などが合わないことがあり空回りしています。


私もクラブ側の人間で、どのように解決していけば良いのかわからずにいますが、
クラブやインストラクターが「これをやったら健康にいいんですからやってくださいよ」とか「これは楽しいものなんですよ」などと一方通行になるのではなく、
一人ひとりの参加者が何を求めてここへやってきているのかをよく考えジムのスタッフや私たちインストラクターもそこに焦点を当てていれば、何か見えてくるような気がします。


ふ〜む、難しいです。
今の段階では内容やレベル段階を細かく分けてレッスン枠を設ける以外ないのでしょうか。
  • 夕貴
  • 2013/05/21 11:26 AM
まずはどの様にしたら参加しやすくなるのかですね。
やはり難易度の低い設定からしかないのかな〜
後は参加して貰ったらインラさんが声かけてあげたりしてモチベーションをあげること。

でも後は本人次第なんですよね(苦笑)

続けて参加すれば最初出来なかった事が2回目には出来る、2回目ダメだったら3回目といくのにね。


何が正解何だろう、深い問題ですね
  • k-j
  • 2013/05/28 7:23 AM
k-j様こんにちは!

本当にそうですね〜。
わたしは今のスポーツクラブの現状だと最後は本人次第になってしまうと思いますね〜。

出来なくても楽しくなくても、体の健康のためだけにやろうと言って参加される方も中にはいらっしやいます。
しかし返ってそのような方の方が続くことがありますね。

ステップはうまくは出来ないけれど、今日流したこの汗が自分を健康にしてくれると信じているからで、
そのような方はゆっくりでも進展がある人たちです。
そうして時間を掛けてエアロビクスを好きになってゆくようです。

そのように目的がはっきりしていると続きやすいのかなとも思いますね〜(´Д⊂
  • 夕貴
  • 2013/05/29 8:53 PM
インストラクターは顔で笑っていてもきつい時もありますね。また会員同士のトラブルに巻き込まれたり大変ですね。
かくいう自分もインストに対して特別勘定なんてものはないのに先方の勘違いでえらい目にあいましたね。
その会員の方からその先生のレッスンに出るなとほんと同じ会費を払ってるのに言われる筋合いもなくて同じ土俵にたつことなく感情的にはならずに冷静に切り替えして終わりましたね。
気持ちよく過ごしたいのにめんどくさい事ってあるんですね。
  • ももこ
  • 2013/12/02 4:57 PM
勘定ではなくて感情の間違いでした。楽しい先生だからただただ純粋にレッスンに参加しているだけなのに妬み、嫉妬みたいもので訳のわかんない勘違いでもう笑うしかないって感じでしたね。
結局切り出してきた相手の方の分が悪くなったみたいで店舗の偉い方から偉く怒られたみたいです。

変な話ですが根拠のない感情だけで物言いは自分で自分の首を絞める、そんな感じですね。
  • ももこ
  • 2013/12/02 5:29 PM


ももこさん、お久しぶりです。^^
人間関係ってどんな時、どんな所でも大変です。表情とか言葉で色々なことまで分かってしまうのが確かに人間なのですけど、それが必ずしも合っているとは限らないですよね。

この仕事のことではないのですけれど、私も自分の考えている事とは違うことを言われてしまい困ってしまうことがありました。
自分はやらない!と勉強させられました。


この業界では、
ある一人の会員さんがいつも参加していたクラスのインストラクターと折があわなくなったとき、その話を聞いた別の会員さん達が哀れみ、数名がいっせいに参加しなくなってしまうということもあるようです。
それまで笑顔で参加してくれていたメンバーさんが居なくなってしまうということはインストラクターとしては本当に淋しいです。
そのようなことが起こるのはほんの一部だと思いますが、
両者なぜそのようになってしまうのか、考えると複雑です。


インストラクター側としても気をつけなければいけませんね。。
参加者の皆さんがレッスンを楽しいと感じ、体が健康になってくださればそれこそが自分は一番嬉しいのだということを伝えなければいけないんだなと思いました。









  • yuki
  • 2013/12/04 11:56 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック