フィットネスインストラクター ブログ ローリングライクアボール | フィットネスインストラクターになろう girlsfitness.jp


記事別categories

新しい記事順(カテゴリー別)

腹筋がつくと骨盤は整ってきます

無料体験期間中


アニメアイコン2.gif  
  
フィットネスのお仕事画像2.png
求人情報ロゴ.jpg

ローリングライクアボール

1

ローリングライクアボール
ベーシックなピラティスのエクササイズ、ローリングライクアボールを復習してみます。

★ピラティスのエクササイズ、ローリングライクアボールで鍛えられる主な筋肉は?
・腹横筋
・腹直筋


★このエクササイズ・ローリングライクアボールを行う目的は何でしょう?
・バランス
・コアのコントロール
・呼吸のコントロール
・脊柱の柔軟性


★動作のキューイング

マットに座り膝を曲げ足の裏をマットにつけ坐位のニュートラルポジションを確認します。
両手は膝の裏側におきます。つま先を立てたら
吸って吐きながら右膝を少し手前に引き、吸って吐きながら左膝を手前に引きます。
息を吸いながらその両膝を床から持ち上げて、吐きながらお腹を凹ませ胸引き上げて肋骨締めて
更に頭の位置を高く上に引き上げます。


1、息を吸いながらお腹を押し込み肋骨を後ろに引いて、尾骨を巻き上げるようにしてボールのように後ろへ転がります。
2、息を吐きながら腹筋群を起動し、脊柱を丸めたままロールアップしたら坐骨を床へ押し込むようにして
背中まっすぐバランスを取ります。

3、繰り返し6〜10回ほど行います。



★参加者へのキューイングは?
・顎を若干引いた状態を維持すること
・目線は膝か太ももの上の方を見る
・肩と耳を離す。
・頭はマットに付けないように
・反動を使わないように
・呼吸と動きが連動できているように


★修正・変更・加減
・この動作を、ロールバック(上から下へ)ではなく、ロールアップ(下から上へ)のやり方でも出来る


★間違いを犯している参加者はおりませんか?
頭を後ろへ投げ出す。
首までロールする。
背骨が平になる
足で反動を付けないように
膝の角度を変えないように


骨粗鬆症の人はこのエクササイズは禁忌です。
背中にケガのある人や脊柱側湾症が深刻な人はお休みするように促します。
注意をしないと首までロールしようとする人が多いです。
その状態でやりすぎると首に負担がかかります。

ブログ村に登録しました1クリックm(_ _)mよろしくお願いします。 にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ  

 

2016・8確認

椎間板ヘルニアの人も禁忌ですねこのエクササイズは。

お尻が重たい人のほうがこのエクササイズはよく出来ます、

本当はコアの筋肉でやるのですが、お尻が軸になってバランスを取ってくれちゃうからです。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック