フィットネスインストラクター ブログ 仰向けのニュートラルポジション | フィットネスインストラクターになろう girlsfitness.jp


記事別categories

新しい記事順(カテゴリー別)

腹筋がつくと骨盤は整ってきます

無料体験期間中


アニメアイコン2.gif  
  
フィットネスのお仕事画像2.png
求人情報ロゴ.jpg

仰向けのニュートラルポジション

1

ピラティスを行う上で、仰向けでのニュートラルポジションを確認してみましょう。

・仰向けで、両膝を立て脚の裏を床につけます。
・膝のあいだは握りこぶしが1個余裕で入るくらいに開けておきます。
・足の指とカカトと坐骨を一直線上にし、それぞれは左右2本のレールの上に置くようにします。
・手の親指と人差し指で三角形を作りお腹の上にのせます。手の指が恥骨の上、手首が骨盤のところにくるように置き、
その三角形の真ん中に置いたビー玉が転がらないように、尾骨を床に押し付けて骨盤は床と並行に置きます。
・腰には手のひらがやっと1枚入る位のスペースを開けその状態をキープします。
・背中は、肩甲骨をお尻の方へ引き下げて肩甲骨をマットに広げてリラックスさせます。
・首は握りこぶしを顎で軽〜く挟むようにして首の後ろ側、肩も楽にします。


大切なニュートラルポジションをしっかりと確認してから、それからエクササイズに入ります。

初級では1回1回確認です。
ニュートラルポジションをいつでも感じることで、

日常のいつもの姿勢さえこの、
ニュートラルポジションだけで変えることが出来ます!


ブログ村に登録しました1クリックm(_ _)mよろしくお願いします。 にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ  

2016.8確認

わたしにとってピラティスを勉強したことは、

一生の財産。ピラティスに感謝。。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック