フィットネスインストラクター ブログ ピラティスの呼吸法 | フィットネスインストラクターになろう girlsfitness.jp


記事別categories

新しい記事順(カテゴリー別)

腹筋がつくと骨盤は整ってきます

無料体験期間中


アニメアイコン2.gif  オーディション受けていますか?  
 一つのところに縛られないで色々経験しましょー   
     フィットネスのお仕事画像2.png
求人情報ロゴ.jpg ←←← セールやってるみたいです!

ピラティスの呼吸法

0

    ピラティスの呼吸、いやピラティスじゃなくても呼吸法は難しい!と、

    スポーツクラブに来る人はそう言っている人も多いです。

    でも慣れです。本当に慣れです。

    わたしも初めて呼吸法をやったときはヨガだったのですが、

    お腹あれ膨らむ?凹む?どっち?って頭の中で考えてからでないと出来ませんでした。

     

     

    でも今では腹式・胸式・どちらも一旦スイッチを入れたらほんとうに自然に出来ています。

    誰でも必ず出来ます。難しく考えずにどうぞ緊張せずに楽しんで下さいね!!

    もっと簡単な気持ちで、ただ深く呼吸をするんだ、って思ってもいいと思います。

    そうだ現代人の私たちは呼吸が浅すぎるって言われているんだった。

    だからもっとゆっくり丁寧に呼吸しよう

    って思うだけでも違うと思います。

     

    ------------------------------------

     


    ピラティスエクササイズのときの呼吸ですが、

    (エクササイズによってはその限りではありません)

     

    ピラティスはエクササイズのあいだ下っ腹の筋肉をずっと締めていなければならず、

    そのせいで下っ腹は固定され動かすことが出来ず、

    結果、胸式呼吸になってきます。

     

     

    骨盤底筋群、腹筋などにスイッチを入れてからエクササイズ始めますよね?

    例えば、仰向けのニュートラルポジションを確認して、

    テーブルトップポジションを作ってから、

    例えば頭を上げないでハンドレットをするとした場合に、

    手を動かす前に、お腹のスイッチを入れますよね。

     

    頭を上げると腹筋は自然にスイッチが入っちゃうので、

    上げないで行ったとしても手を動かす前に吐く息でお腹のスイッチを入れます。

    お腹の上には石が乗っているように下へと押し込んでおくそれから

    手を動かすということですね。

     

    はじめにスイッチが入ったところ、お腹は押し込んだままですからエクサイズ中もう動きません。

     

     

    吐く息で一回一回お腹を押し込むのではなく、

    押し込んだ状態をキープしたままですから、腹式呼吸ができない状態になっています。

    それで胸式呼吸になってきます。

     

     

     

    胸式呼吸は顎が上がったり肩が動きやすいです。

    息を吸う時に特に胸骨が固くて前や後ろ、横に広がらないと

    その分が上にいって肩が動いてしまいます。

     

    なのに、さらにエクササイズのとき

    とっても一生懸命、はーはーって胸で吐く人が結構おって、

    呼吸が大げさでやり過ぎに見えるのは体幹が揺れているからです。

     

    そのような人はもっと小さくそーと吐いてみるといいかもしれませんね。

    肝心な体幹が揺れないようにするためです。

     

     

    先日のピラティスの代行で、

    呼吸のことを参加者に色々聞かれましたけど、

    へー難しい、って参加者が言っておりました。

     

     

    ピラティスは考えるエクササイズと言われている通りです。

    疑問が湧いてきたらしめたもの、

    あれこれ沢山考えながらやってみましょう!

     

     

    ブログ村に登録しました1クリックm(_ _)mよろしくお願いします。 にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ  

    トップへ
     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック