フィットネスインストラクター ブログ ピラティスインストラのメンテナンス | フィットネスインストラクターになろう girlsfitness.jp


記事別categories

新しい記事順(カテゴリー別)

腹筋がつくと骨盤は整ってきます

無料体験期間中


アニメアイコン2.gif  オーディション受けていますか?  
 一つのところに縛られないで色々経験しましょー   
     フィットネスのお仕事画像2.png
求人情報ロゴ.jpg ←←← セールやってるみたいです!

ピラティスインストラのメンテナンス

0

    ヨガもそうだと思うけど、ピラティスなんかは特に、筋肉運動をずっとするから、

    ゆがむ危険性があると思う。

    筋肉てすごく力のある存在で、それが骨を引っ張るからね。

     

     

    ピラティスのインストラクターがこんなこと言ったらいけないのかもしれないけど、

    ピラティスをやっているだけで背骨が一生まっすぐでいられるかな?

    各自自分ではピラティスでコアを鍛えながら、

    骨が正常な位置に保てるように整体に行くとか、

    血液の流れを保つようにリンパマッサージに行くとか、

    をするとよりいいのかなって。

     

     

    ・・・・・

    誰だって何だって自分一人では限界が低いからね、世の中に完璧はあり得ないけど、

    完璧に近づけたいなら一人の力でそれを成し遂げることは出来ないと思うんだ。

    この世のなんにでも当てはまることじゃない?そう神様はほのめかしているし手

     

     

    「三人寄れば文殊の知恵」って言葉も裏を返せば、一人では知恵が無い状態だよ。

    私だけが一人で悩んでいても解決できなかった。

     

     

    一人だけの力って大したことないよ。

    一人になるのは統合の反対のバラバラになってしまうことだからね

    神様は最初から最後まで一人だけで、っていうことの中には幸せを入れてくれていないみたい。

    もしも完成・完璧を狙うならば、自分と他者、その両方。

     

     

     

    ピラティスは体を強くしてくれるもので私は大好きです。

    高齢になってもやっていると思う・

    (骨粗しょう症には気をつけなくちゃねピラティスの良くある動きで

    骨粗しょう症を誘発してしまうものがあることちゃんと知っている?)

     

    ・・・・

     

     

     

    私は整体(オステオパシー)に通っています。

    月1でメンテナンスとしてです。

     

    でも最初に行ったのは坐骨神経痛が気になってなんだけど、

    その時からいろいろ自分の体の気になる部分に焦点があたってきて、

     

    わたしはもともと左の肩が固く左腕が上がりずらくて、

    原因は自分では分からなかった、ただ単に左肩が右肩より固いのかと。

     

    思い知らされたのはヨガをやりはじめてから、

    ヨガをやっていても参加者のほうがずっと肩が柔らかくて、恥ずかしい思いもしながら、

    なんで?って。

     

     

    整体の先生が私の話をいろいろ聞くうちに気が付いてくださって、

    わたしは小さいころに3度肩が抜けたんだけど、その時にちゃんと入っていなかったことが原因かもしれないと。

    そのせいで肩周辺の動きが少しだけど、正常ではないみたい左だけ。

     

    本当にそうだとピンときたよ!

    わたしは幼いころ、3度肩の関節が抜けたんだけど最後の時はなんとなく入っちゃったんだよね、

    覚えているよある時遊んでいて、左腕が動かなくなったからまた病院(整骨院)へ行くんだなと思っていたら、

    そのうちに動くようになっていて親も何も言わないから良かった病院へは行かないんだって安心した記憶。

     

    だけどそれが失敗だったなんてね〜

    腕が動かないままでいてくれていたら整体でしっかりちゃんんと入れてもらえたのに。

     

     

     

    長い年月を経て、初めてその真相を知ったよ。

    整体に行かなかったら、分からなかったことだよ。

     

    こういうことかな、自分一人では知恵がないって。

     

    ピラティスやヨガや体を動かすことをやっている人は、

    自分のことは自分が一番よく分かっているじゃなくて、

    一度整体へ行ったり、マッサージを受けたり、

    ほかの人に体を預けてみるのは、

    自分のことを更に知るために、だと思う。

     

     

    決して身体がゆがんでいるから行くのではなく、

    自分の真実を知るために、

    ほかの人の知恵をいただきましょう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック