フィットネスインストラクター ブログ サポーターは筋力減 | フィットネスインストラクターになろう girlsfitness.jp


記事別categories

新しい記事順(カテゴリー別)

腹筋がつくと骨盤は整ってきます

無料体験期間中


アニメアイコン2.gif  オーディション受けていますか?  
 一つのところに縛られないで色々経験しましょー   
     フィットネスのお仕事画像2.png
求人情報ロゴ.jpg ←←← セールやってるみたいです!

サポーターは筋力減

0

    今朝なんとなくTVショッピング見ていました。

    テーピングを兼ねたようなスパッツやサポーターが紹介されていて、

    それは20%くらい筋肉の負担を軽減できると言っていました。

     

     

    20%負担を軽くするということなので、

    筋肉の活動量は普段の20%も減ってしまうことになるんだなそれを履いているときは、

    と考えながら自分は、わたしはこれからもどんどん筋肉運動をやっていこう、とボーと考えていました。

     

     

    サポーターは高齢のかたが膝やそのた関節が痛いときなどは本当に役に立つもので、

    私だっていつお世話になるかは分かりません、

    しかしお世話になった後さよならのタイミングは高齢の方にとっては重要でしょう。

     

     

    レッスンなどで参加者からいろいろな具合が悪くなった体のお話を聞いても、

    治療はお医者さんがしますので、

    結局インストラクターが言いたいのは、

    出来るだけサポーターに頼らないで、

    自分をサポートしていくのは自分の筋肉だという方法がいい、

    インストラクターとしてはそのような考えでいます。

     

     

    やはりその番組でも同時に筋肉を鍛えてくださいと言っていて、椅子座って膝の曲げ伸ばしをしていましたが、

    膝が痛い人はそれは出来ないでしょうし、いま痛くない人でも反動でぶらぶらとやっていては

    返って膝のスジを伸ばしてしまいます。

     

    そんなとき、ピラティスのやりかたがいいですよ矢印上

     

     

    それは、

    膝は90度のまんまで動かしませんから膝には全く刺激が入りません。

    椅子に座ってする運動は膝90度のまま、そのまま太ももを上げては戻す、

    体で持ってこようとしないで、お腹を使ってそして太ももを使ってね。

    だから沢山太ももが上がっていなくてもいいのです。

     

     

    ちょっと難しいと感じるせいか、

    まだまだピラティスって世間には浸透していないですけど本当にいいですよ〜!

    関節の負担を軽減しながら鍛えている方法です。

    じわりじわりやりますから、忍耐力の無い人には向いていないかもしれませんが、

    ピラティスが体に与えてくれるものは莫大ですよ。

     

    リハビリのイメージがあるのかな〜?・・ピラティス。

     

     

     

     

    ブログ村に登録しました1クリックm(_ _)mよろしくお願いします。 にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ  
    トップへ
     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック