フィットネスインストラクター ブログ フィットネスインストラクターになろう girlsfitness.jp

アニメアイコン2.gif  オーディション受けていますか?  
 一つのところに縛られないで色々経験しましょー   
     フィットネスのお仕事画像2.png
求人情報ロゴ.jpg ←←← セールやってるみたいです!

サポーターは筋力減

0

    今朝なんとなくTVショッピング見ていました。

    テーピングを兼ねたようなスパッツやサポーターが紹介されていて、

    それは20%くらい筋肉の負担を軽減できると言っていました。

     

     

    20%負担を軽くするということなので、

    筋肉の活動量は普段の20%も減ってしまうことになるんだなそれを履いているときは、

    と考えながら自分は、わたしはこれからもどんどん筋肉運動をやっていこう、とボーと考えていました。

     

     

    サポーターは高齢のかたが膝やそのた関節が痛いときなどは本当に役に立つもので、

    私だっていつお世話になるかは分かりません、

    しかしお世話になった後さよならのタイミングは高齢の方にとっては重要でしょう。

     

     

    レッスンなどで参加者からいろいろな具合が悪くなった体のお話を聞いても、

    治療はお医者さんがしますので、

    結局インストラクターが言いたいのは、

    出来るだけサポーターに頼らないで、

    自分をサポートしていくのは自分の筋肉だという方法がいい、

    インストラクターとしてはそのような考えでいます。

     

     

    やはりその番組でも同時に筋肉を鍛えてくださいと言っていて、椅子座って膝の曲げ伸ばしをしていましたが、

    膝が痛い人はそれは出来ないでしょうし、いま痛くない人でも反動でぶらぶらとやっていては

    返って膝のスジを伸ばしてしまいます。

     

    そんなとき、ピラティスのやりかたがいいですよ矢印上

     

     

    それは、

    膝は90度のまんまで動かしませんから膝には全く刺激が入りません。

    椅子に座ってする運動は膝90度のまま、そのまま太ももを上げては戻す、

    体で持ってこようとしないで、お腹を使ってそして太ももを使ってね。

    だから沢山太ももが上がっていなくてもいいのです。

     

     

    ちょっと難しいと感じるせいか、

    まだまだピラティスって世間には浸透していないですけど本当にいいですよ〜!

    関節の負担を軽減しながら鍛えている方法です。

    じわりじわりやりますから、忍耐力の無い人には向いていないかもしれませんが、

    ピラティスが体に与えてくれるものは莫大ですよ。

     

    リハビリのイメージがあるのかな〜?・・ピラティス。

     

     

     

     

    ブログ村に登録しました1クリックm(_ _)mよろしくお願いします。 にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ  
    トップへ
     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    エアロ、振りが途中で

    0

      おはようございます。

      先日エアロビクスは、エアロの振りが途中で変わってしまうということついて、

      参加者さんが疑問を感じたようなので、

      書いてみたいと思います。

       

       

      以前にもこのブログのどこかのページにも書いてありますが、

      エアロビクスのレッスンでは、

      インストラクターが最初に教えていた動きが途中で変わっちゃうから最初に覚えたように体が動いてしまい戸惑う。

      ということです。

       

       

      私も参加者だったころは同じように思ったことがあります。

      何で変えちゃうのかな脚の動きとか、、最初の動きでインプットされちゃってるから後で変えるなら、

      だったら最初からこっちで教えてくれればいいのに、、と。

       

      どのエアロビクスのクラスでもそうであるその理由を聞いたら納得できると思います。

       

      エアロビクスはエアロビクスダンスとも言いますがエアロビクスは有酸素運動であり運動です。

       

       

      インストラクターは強度を考えて動きを作りますから、

      レッスンの最初から強度を高くして動くようには作らずに、

      徐々に心拍数が上がってゆくようにします。

      きっと最初の手の振りも脚の動きも、完成したときのよりももっと簡単な感じのはずです。

      簡単というか心拍数が上がらないというか。

      明らかに分かりやすいすぐできるような手の振りでも、前半はその半分の動きにすることがあります。

       

       

      グレープバインも右二つから入るのは、

      やりやすくするためとか分かりやすいように、イコール心拍数が上がらない。

       

       

      それが理由で〜す。

       

      ふっと言葉に出た参加者さんの疑問ですが、

      その人はエアロ歴は10年どころじゃないと思うんですけど、

      知らなかった〜だって誰もそんなこと教えてくれないからさ、って言っておりました。

       

       

      ふむふむ。。。

      インストラクター側から見ても初心者であればあるほど動きが変わった瞬間に分からなくなるようです。

       

       

       

       

      ブログ村に登録しました1クリックm(_ _)mよろしくお願いします。 にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ  
      トップへ
       

       

       

       

       

       

       


      ピラティスインストラのメンテナンス

      0

        ヨガもそうだと思うけど、ピラティスなんかは特に、筋肉運動をずっとするから、

        ゆがむ危険性があると思う。

        筋肉てすごく力のある存在で、それが骨を引っ張るからね。

         

         

        ピラティスのインストラクターがこんなこと言ったらいけないのかもしれないけど、

        ピラティスをやっているだけで背骨が一生まっすぐでいられるかな?

        各自自分ではピラティスでコアを鍛えながら、

        骨が正常な位置に保てるように整体に行くとか、

        血液の流れを保つようにリンパマッサージに行くとか、

        をするとよりいいのかなって。

         

         

        ・・・・・

        誰だって何だって自分一人では限界が低いからね、世の中に完璧はあり得ないけど、

        完璧に近づけたいなら一人の力でそれを成し遂げることは出来ないと思うんだ。

        この世のなんにでも当てはまることじゃない?そう神様はほのめかしているし手

         

         

        「三人寄れば文殊の知恵」って言葉も裏を返せば、一人では知恵が無い状態だよ。

        私だけが一人で悩んでいても解決できなかった。

         

         

        一人だけの力って大したことないよ。

        一人になるのは統合の反対のバラバラになってしまうことだからね

        神様は最初から最後まで一人だけで、っていうことの中には幸せを入れてくれていないみたい。

        もしも完成・完璧を狙うならば、自分と他者、その両方。

         

         

         

        ピラティスは体を強くしてくれるもので私は大好きです。

        高齢になってもやっていると思う・

        (骨粗しょう症には気をつけなくちゃねピラティスの良くある動きで

        骨粗しょう症を誘発してしまうものがあることちゃんと知っている?)

         

        ・・・・

         

         

         

        私は整体(オステオパシー)に通っています。

        月1でメンテナンスとしてです。

         

        でも最初に行ったのは坐骨神経痛が気になってなんだけど、

        その時からいろいろ自分の体の気になる部分に焦点があたってきて、

         

        わたしはもともと左の肩が固く左腕が上がりずらくて、

        原因は自分では分からなかった、ただ単に左肩が右肩より固いのかと。

         

        思い知らされたのはヨガをやりはじめてから、

        ヨガをやっていても参加者のほうがずっと肩が柔らかくて、恥ずかしい思いもしながら、

        なんで?って。

         

         

        整体の先生が私の話をいろいろ聞くうちに気が付いてくださって、

        わたしは小さいころに3度肩が抜けたんだけど、その時にちゃんと入っていなかったことが原因かもしれないと。

        そのせいで肩周辺の動きが少しだけど、正常ではないみたい左だけ。

         

        本当にそうだとピンときたよ!

        わたしは幼いころ、3度肩の関節が抜けたんだけど最後の時はなんとなく入っちゃったんだよね、

        覚えているよある時遊んでいて、左腕が動かなくなったからまた病院(整骨院)へ行くんだなと思っていたら、

        そのうちに動くようになっていて親も何も言わないから良かった病院へは行かないんだって安心した記憶。

         

        だけどそれが失敗だったなんてね〜

        腕が動かないままでいてくれていたら整体でしっかりちゃんんと入れてもらえたのに。

         

         

         

        長い年月を経て、初めてその真相を知ったよ。

        整体に行かなかったら、分からなかったことだよ。

         

        こういうことかな、自分一人では知恵がないって。

         

        ピラティスやヨガや体を動かすことをやっている人は、

        自分のことは自分が一番よく分かっているじゃなくて、

        一度整体へ行ったり、マッサージを受けたり、

        ほかの人に体を預けてみるのは、

        自分のことを更に知るために、だと思う。

         

         

        決して身体がゆがんでいるから行くのではなく、

        自分の真実を知るために、

        ほかの人の知恵をいただきましょう。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        パートタイムフィットネスインストラクター

        0

          はい!わたくし今、パートとしてこのフィットネスインストラクターをやっています。

           

          ・・・

           

          そういえばブログの総合サイト「ぶろぐ村」のランキングで、

          パートタイムのカテゴリの100サイト中5位くらいにだいたいいつもフィットネスインストラクターになろうが入っていて、

          パートタイムのほうから読んでくれている人いなさそうなんだけど、

          なぜがそのあたりに入っていて、でもでも確かに、

          わたしがこのブログを最初に立ち上げたときの主旨はそうだった、

          みんなだれでもなれますよーフィットネスインストラクターは短時間で結構稼げる

          という感じだったよねって思いました。

          稼げるといっても大黒柱となって一家を支えていくくらいの収入が欲しいとなると、だいぶきついかも体がね。

           

           

          そうそう、前に何かの講座でしりあったインストラクターはジャズダンスを指導している人で、

          週に20本くらいレッスンやっているといっていて、

          ジャズダンスが時給が高いのかそのインストラクターの時給が高いのか、

          計算するとひと月の収入が40万円位になる感じで、それはすごいと思った記憶が残っている。

          確かお子さんがいらしてシングルマザーだったような、、、、。

           

           

          わわ。

          その収入だとパートタイムじゃなくなってしまうね。

           

          ごめんなさいね、確かな情報ではないけれど、

           

          私がよく言う、この仕事もっと簡単に出来る仕事ですよって言っていることとは掛け離れた

          その彼女のように身体・時間もかけて、プライドやある意味命をかけてやっている人も多いです。

           

           

           

          ・・・・

           

          わたしは今のお仕事のリズムで満足、

          時給1円も上がっていないんだけど、

          今の状態で満足、この満足状態でもう何年もこのお仕事やっています。

           

          1週間のうち、わたしが仕事をしている時間は4時間。

          月にいただくお給料は一般の主婦が一日4時間週5でレジ打ちをしたぐらいです。

           

           

          フィットネスインストラクターって将来もかなり需要があると思うんだけどな〜

          フィットネスのインストラクターをやりたい!って思っている人は、

          躊躇しないで是非やってみて!矢印上

          自分のためにもなりますよにたDocomo102自分(私)のためというといつも思い出すのがこの言葉、

           

           

          「人は知りたいことを教えるのである!」

          誰の言葉だったっけ??

           

           

           

          ブログ村に登録しました1クリックm(_ _)mよろしくお願いします。 にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ  
          トップへ
           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           


          ピラティスの呼吸法

          0

            ピラティスの呼吸、いやピラティスじゃなくても呼吸法は難しい!と、

            スポーツクラブに来る人はそう言っている人も多いです。

            でも慣れです。本当に慣れです。

            わたしも初めて呼吸法をやったときはヨガだったのですが、

            お腹あれ膨らむ?凹む?どっち?って頭の中で考えてからでないと出来ませんでした。

             

             

            でも今では腹式・胸式・どちらも一旦スイッチを入れたらほんとうに自然に出来ています。

            誰でも必ず出来ます。難しく考えずにどうぞ緊張せずに楽しんで下さいね!!

            もっと簡単な気持ちで、ただ深く呼吸をするんだ、って思ってもいいと思います。

            そうだ現代人の私たちは呼吸が浅すぎるって言われているんだった。

            だからもっとゆっくり丁寧に呼吸しよう

            って思うだけでも違うと思います。

             

            ------------------------------------

             


            ピラティスエクササイズのときの呼吸ですが、

            (エクササイズによってはその限りではありません)

             

            ピラティスはエクササイズのあいだ下っ腹の筋肉をずっと締めていなければならず、

            そのせいで下っ腹は固定され動かすことが出来ず、

            結果、胸式呼吸になってきます。

             

             

            骨盤底筋群、腹筋などにスイッチを入れてからエクササイズ始めますよね?

            例えば、仰向けのニュートラルポジションを確認して、

            テーブルトップポジションを作ってから、

            例えば頭を上げないでハンドレットをするとした場合に、

            手を動かす前に、お腹のスイッチを入れますよね。

             

            頭を上げると腹筋は自然にスイッチが入っちゃうので、

            上げないで行ったとしても手を動かす前に吐く息でお腹のスイッチを入れます。

            お腹の上には石が乗っているように下へと押し込んでおくそれから

            手を動かすということですね。

             

            はじめにスイッチが入ったところ、お腹は押し込んだままですからエクサイズ中もう動きません。

             

             

            吐く息で一回一回お腹を押し込むのではなく、

            押し込んだ状態をキープしたままですから、腹式呼吸ができない状態になっています。

            それで胸式呼吸になってきます。

             

             

             

            胸式呼吸は顎が上がったり肩が動きやすいです。

            息を吸う時に特に胸骨が固くて前や後ろ、横に広がらないと

            その分が上にいって肩が動いてしまいます。

             

            なのに、さらにエクササイズのとき

            とっても一生懸命、はーはーって胸で吐く人が結構おって、

            呼吸が大げさでやり過ぎに見えるのは体幹が揺れているからです。

             

            そのような人はもっと小さくそーと吐いてみるといいかもしれませんね。

            肝心な体幹が揺れないようにするためです。

             

             

            先日のピラティスの代行で、

            呼吸のことを参加者に色々聞かれましたけど、

            へー難しい、って参加者が言っておりました。

             

             

            ピラティスは考えるエクササイズと言われている通りです。

            疑問が湧いてきたらしめたもの、

            あれこれ沢山考えながらやってみましょう!

             

             

            ブログ村に登録しました1クリックm(_ _)mよろしくお願いします。 にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ  

            トップへ
             

             

             

             

             

             

             


            マインドフルネス瞑想

            0

              ダンス教室を開いている知人が先日、HPでマインドフルネスのクラス開催の予告をしたら

              まだ日にちも決まっていないのにお問い合わせが殺到したそうです。

               

              マインドフルネス瞑想が流行って、本屋さんのある1コーナーを占領しています。

              瞑想することで自分を何とかしたいと思う人が増えていて、

              その事実は今の自分では不満だと感じている人がいる証拠になるのかしら。

               

              瞑想は、決してダンスのように、表現や意識が外へと向かう外的なことではなく、

              瞑想は意識が内側へ向かう内的なもので、

              真実は自分の内側にありそれを見つけるのが瞑想ということです。

               

               

              自分の真実というものを本当はみんな見つけたがっていて、

              そんなものがあることさえ知らないのが、

              この社会で生きるには、自分の親たちがしてきたことまた繰り返すために社会の流れに沿って、

              同じ生活を続けることを頑張っている人達と言えそうです。

               

              そのような人たちは、ほとんど無意識的に生きていると、言われてしまっています。

              ただ従っているだけだから。

               

               

              従っているという意味は、この世界の常識と言われている事をやるためだけに生きていて、

              出る杭は打たれてしまうから杭を出さないようにしているということでしょう。

              でも本当はもっと違う自分になりたいそれは自分の人生じゃない、

              っていうことを感じはじめている人たちが、

              その答えを見つけるために瞑想を始めようとしています。

              杭を出してもいいんじゃないかと、杭を出したいと感じ、

              杭を出せないでいることにジレンマ・ストレスを感じていることを感じ始めている。

              この世は変化してゆくものだ、ということに無意識に気がついていて、

              なのに自分は変化していないということを無意識に感じている。

               

               

               

               

              素敵ですね!!

               

              見つけましょう〜

               

              自分は何のために生まれてそして生きているのでしょう。

               

              本当は何が、やりたいことなのですか?

               

              やりたいことを精一杯やって細胞から充実しているその一瞬を感じたことがありますでしょう?

               

               

              人生は欲しいものを手に入れることではなく、やりたいことをやることではないですか?

              それが答えではないですか?本当のあなたはきっとそう言うと思います。

               

               

              宇宙はとってもシンプルだと言われていますが、わたしもそう思います。

               

               

              何がこんなに人生を複雑にしているのでしょうか、

              勝手に複雑にしているのはわたしたちのマインドが犯人でしょう?

              頭ですよ、マインドは頭です、頭が勝手に思っていることに感情がコントロールされてしまうんです。

              でもコントロールしようとしてくる忙しい社会が目の前にあることは確かな現実なのです。

              ですから、簡単な方へ簡単な方へと選んでゆくことが必要ではないでしょうか。

              マインドを沈めて!

               

               

               

              山奥に入らなくても、滝に打たれなくても、

              住む環境だって変えなくても今そこで、

              見つけられるっていいます。

              目に見えている外界にはありません。

              内側にあります。見つけた人はそう言っています。

              答えはあなた・わたしの中に。

               

               

              でも探しに行こうと力むものでもないですよ、

               

               

              ふっと気がついて、自然に分かる、のです。

               

               

              こんなことを言っている私も真実なんて分かりません。

              ですがやっと1つ見つけたものがあります。

              これの発見は貴重だったぞ思ったことがありますそれは、

              本当の自分でいるときの自由です。

               

               

              子供の頃は誰もみんなが持っていた本当の自分でいるときのあの自由さ、

              わたしはそのような気分になったとき、それが何より気持ちがいいと感じます。

              何にも縛られず自由を感じ、わたしらしさを表現している時。

              自由っていいな〜

               

               

              それに気づかせてくれた瞑想はもうやめられないでしょう。

              そして続けたらドンドン受け取れるような気がしています。

              そう、探しに行くというよりやってくる、

              繋がっていれば繋がっていれば自然にやってくる、

              どこに繋がるの?

              ヨガの表現でいうとしたら、

              それはブラフマンに。

               

               

               

               

              ブログ村に登録しました1クリックm(_ _)mよろしくお願いします。 にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ  

              トップへ
               

               

              ケイシーのこのリーディングとっても素敵なのでまた載せますね!

              ↓↓↓

              外の影響力にあまり左右されずもっと内なる直感力に頼ることである。

              自己の内から出てくる静かで小さな声に耳を傾けることを学ぶべきだ。

              内なる静かで小さな声こそが人を突き動かす力に命をもたらし、

              その生命が人間の奮闘努力の基盤となるべきものを与えるのである。

              なぜなら、自らの前にその達成を試みんとする理想を、常に掲げることが出来なければ人は漂うばかりであり、

              名声や財産などこの世の喜びを与えようという人々の様々な誘いや叫びに引き回されるだけに終わってしまうからだ。

              それら世俗の喜びは内から現れる聖なる力に耳を傾けることに費やされた人生の結果とせよ。

              それを人生の目標にしてはならない。

              239-1

               

               

              P・S

              じっと瞑想をしているとね、

              愛猫がなぜあのようにして亡くなっていったのか分かるんです。

              本当よ!勝手な思い込みじゃなくてね、理由が、実に納得できる理由が分かるんです。

              そうするとね、心が晴れ晴れするんです。

              人は分からないことがあるから心が痛いんだよね

              解るとスッキリして心の痛みがね、今度はその猫に感謝感謝で一杯になって

              もう悩まなくなるし自分も強くなれるよ。

               

              じっと待っていると意識と意識の隙間から、すっと情報が入ってきてくれるんだ・

              そこが魂の領域。

               

              瞑想は考えて考えぬくものじゃないんだけど、

              だけど瞑想にまだ慣れていないときは、祈ったり(祈りは瞑想の初期段階だって言う人もいる)

              すっごく悩んでいて心がじっとしていることが出来ない時は、

              ただひたすら考え抜く方法もありかな、そのことについて、

              体は静止状態にして、だけどでも思考はぐるぐる回っている状態。

               

              ていうのは脳は同じことをずっーーとは考えていられないものだから、

              時間がかかるかもしれないけど考えすぎてしまえば脳は疲れてボーとなる、

              その時がチャンス。隙間が空くのですよ!

              ボーっとしているときが大事。

              寝る直前や起きたばかりのときのようにボーっとした状態。

              その状態のときの意識は潜在意識を使っているらしいから。

               

              眠すぎるのとは違うんだ、ボーとしている状態分かるかな、

               

               

              布団の上でじゃなくてもいいんだけど、

              朝起きてからちょっと動き出してからでも、

              まだエンジンがかかりきっていない時に、

              ちょっと目を閉じてみて!

              その日やることや特に心配事がなければ

              まだ心のおしゃべりとか、思考が頭のなかにあまり浮かび上がっていない状態であることが分かると思うんだ、

              それが無に近いような状態で、

              日中でも瞑想をしてそんな意識状態になれたら大成功。

               

              ヨガは、

              その状態にしっかりとなるためにヨガというアーサナのプロセスがあるんだよね。

              ヨガは深い瞑想状態を導くためのもの。

              ヨガイコール瞑想とも言うしね。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               


              ヨガが成功している証

              0

                ヨガは何のためにする?

                わたしはインストラクターになるための養成コースでヨガは幸せになるための技法だと習いました。

                 

                 

                そういえば、人の願望を、例えば車がほしい、などという願望を、

                なぜ車がほしいの?格好良く見えるから(違う答えで荷物が運べるからでもいいです)

                じゃあなぜ格好良く見えたいの?なぜ荷物が運べたらいいの?

                と1つづず答えを辿ってゆくと、どんな質問でも最後に行き着くのが幸せになりたいからという結論なのだそうです。

                 

                 

                本屋さんに並べられた引き寄せや自己啓発本を見て思うことは、

                ヨガとほとんどかぶっているなと言うこと。

                心理の方もヨガと同じことを言っています。

                そう考えると、ヨガをやっていた5000年前の人たちは引き寄せとか自己啓発をやっていたも同然です。

                悟るためになんでしょうか!

                古代のヨギーは悟るために自己啓発をやって引き寄せていた。

                 

                 

                 

                現代の人たちは忙しく社会で動いていて、感じる時がないのが事実かもしれないけど

                どこに向かって進んでいきたいのかは、自分を思い出す、真実が知りたいという悟りでしょう?

                わたしはそうです。。自分が何者なのか知るために修行をする。

                ・・・しかし釈迦は難行苦行は無駄であったと悟りましたから、その経験もいただきたいと思います。

                きっとそうなんですよ難行苦行は無駄なんでしょう。

                 

                 

                出来ないとき苦しい気持ちになると、分裂を生み出しヨガが目標とするところの統一ということからかけ離れてしまいます。

                これからは楽しく生きたいと思います。

                出来ないことが楽しい、出来なかったそんな経験が出来た!と喜ぶ。

                出来るも出来ないもみんなまとめて私の経験。

                大切な経験という宝物。

                 

                そういう気持ちになれるとき、ヨガが成功している証になるのも。

                最近わたしは比較的幸せ気分でいます。

                何もかもすべてが許せるわけではないけれど、

                正解かどうかはまだ分からないけど、目が開けてきたような感覚。

                失敗も不安も経験すれば自分のもの、自分のものになれば価値あるものに変わる、

                だからどんなものでも大切にみえる。

                ヨガが言う統一ってそういうことかな〜

                 

                 

                ブログ村に登録しました1クリックm(_ _)mよろしくお願いします。 にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ  
                トップへ
                 

                 

                 

                P・S

                このわたしの内側に入っていきやすい性格が算命学で見てみるとよく分かった。

                人は生まれたその日によって持っているものが違う、

                それを星座とか占いが活用しているわけだが、

                100年前のエドガーケイシーがもっとも信憑性があると言ったのが算命学。

                 

                外へと気持ちが向かいやすい人と内へと向かいやすい人の違いは確かにある。

                生まれが違うから。(生年月日がまったく同じ人たちは算命学でいうところの性格はほとんど同じらしい)

                 

                外へと気持ちが向かう人は人が好きで政治とか社会に出て、

                地域発展などのために生きがいを感じやすい人、行動的。

                内へと向かう人は進んで社交的になろうとなしないけど、

                芸術性・伝統的なものを守ったり自己成長に敏感な人。コツコツ屋タイプ。

                 

                どちらの人もいることで今の世界の陰と陽のバランスが保たれているのだろうけど、

                今後の変わってゆく時代の波に乗るために、ケイシーの言葉を記したいです。

                仕事について自分の能力を発揮するには?という問いの答えにこのようなものがあった。

                 

                外の影響力にあまり左右されずもっと内なる直感力に頼ることである。自己の内から出てくる静かで小さな声に耳を傾けることを学ぶべきだ。内なる静かで小さな声こそが人を突き動かす力に命をもたらし、その生命が人間の奮闘努力の基盤となるべきものを与えるのである。なぜなら、自らの前にその達成を試みんとする理想を、常に掲げることが出来なければ人は漂うばかりであり、

                名声や財産などこの世の喜びを与えようという人々の様々な誘いや叫びに引き回されるだけに終わってしまうからだ。

                それら世俗の喜びは内から現れる聖なる力に耳を傾けることに費やされた人生の結果とせよ。

                それを人生の目標にしてはならない。

                239-1

                 

                 


                呼吸法ダイエット

                0

                  質問ですが、力士をご存じの方、

                  お相撲さんは深い呼吸をしていますか?浅いですか?

                  お相撲さんは普段胸式呼吸ですか?腹式呼吸ですか?

                   

                   

                  すごく太っている人の呼吸は喉が閉まっているような音がするように思うのですが、

                  すごく太っている人みんながそういう音が出るような呼吸をしているわけではないのでしょうか?

                  お相撲さんは吐く時、息を長く吐いていますか?短く吐いていますか?

                   

                   

                  なぜこんな疑問を思ったかというと、、

                   

                  私は人は呼吸法だけで絶対に痩せることが出来ると確信している者です。

                  運動をしなくてもカロリー計算は普段通りであってもです。

                   

                   

                  わたしは、深い呼吸をすれば人は確実に痩せてゆくと思っているので、

                  痩せたら困るお相撲さんは、どのような呼吸をしているのかな、って思いました。

                   

                   

                  ピラティスのレッスンに来られる人が、痩せました、って来るんですね!

                  本当にス〜とするんです。でもわたしは1週間にこのレッスンだけで?って聞くんです。

                  そうすると、ハイって応えるんです。

                  そのレッスンはスポーツクラブのような会員制とかではなく1回制なので本当に1週間に1回それだけをやりに来てくれる人がおります。

                   

                  でも1週間に1回だけだと筋肉だって元に戻っちゃうだろうし、

                  みんなそんなに上手で効果的に出来ているわけでもないし

                  1週間に1回で済むくらいのすごいキツイことやってるわけでもないし、

                  なのに痩せる?

                  う〜んそうすると、やっぱり呼吸の効果なのかな(ピラティスは有酸素運動ですし)

                  レッスンの中で呼吸を上手く付けられるようになって呼吸の仕方の癖がついたのかなと思うわけです。

                   

                   

                  ・・

                   

                  でもじゃあ、

                  例えば呼吸法を付けないで同じピラティスのエクササイズをやったら痩せていないのか、

                  って考えるわけです。

                  ピラティスをはじめてする人は呼吸はほとんど上手に付けていない感じの無呼吸状態でしょう?

                   

                  そのままピラティスのレッスンを無呼吸で続けたとしても筋肉は刺激され血液の中の変化もありで痩せると考えますが、

                  ピラティスもキツイものはキツイですけど、

                  どうせ無呼吸でやるならもっと踏ん張るような動きのある一般的なトレーニングの方が

                  はやく痩せるでしょう?

                   

                   

                  ピラティスをすることで痩せてゆくのは、

                  呼吸法を習得すると共にピラティスの動きも習得してゆくからその相乗効果だ、

                  それが100点の答えだと思います。

                  でも呼吸法をまだ習得していない(全然やっていないわけではなく)習得していないあいだは

                  目に見えた大きな変化がないという現実も100%近くあります。

                   

                   

                  だから呼吸なんだなって思うわけです。

                   

                  そろそろ春を意識する頃になりましたね!

                  深い呼吸をすることで色々な毒素を排出し身軽になりましょう。

                   

                   

                  ピラティスで当てはめて考えてみましたが、

                  呼吸のことを言いたかったんです!

                  呼吸を変えれば健康になるというような本も出ていますよね!

                  わたしもそう思います。

                   

                  相変わらずロングセラーになっています。 ロングブレスダイエット!


                  ヨガのポーズがうまくなりたい時のヒント

                  0

                    私は完璧ではありませんし、完ぺきな人は少ないと思います。

                    完ぺきな人はヨガをやらなくてもいいとさえ云います。

                     

                    完璧ではない私が伝えたいことです。

                     

                     

                    わたしは人のからだを上手く機能させていくには、

                    ピラティスとヨガをどっちもやっていくとバランスが取れるんじゃないかなと思っています。

                     

                    もしもヨガが好きでアーサナがうまくなりたいと思ったとき、

                    それは意外にもピラティスに鍵が隠されている、そんな気がしています。

                     

                    (そして反対にピラティスが大好きでピラティスをメインにやっている人にはヨガの方にキーが)

                    このページの内容はヨガの柔軟性というよりヨガの軸のとり方、バンダの使い方のほうです

                     

                     

                    ピラティスをやった後には、意識が肉体にガッチリとハマっている感じで、

                    体がとてもエネルギッシュになって強くなった感覚とか

                    体と自分が仲良くなって自分がこの体をコントロール出来ているような感覚になる。

                     

                    わたしがピラティスが大好きなのは、ピラティスをやっていれば老化せずに

                    ずっとこのままの肉体を保っていられるんじゃないかと思わせてくれる所。

                     

                     

                    おそらくヨガをやっている人は、それはヨガも同じよと思うと思うのです。

                    ところがヨガを長くやっていてわたしはヨガにはそれを超えたものを感じる気がします。

                     

                    ピラティスが繋がるのは精神を含めた肉体とですが、

                    ヨガが繋がるのは肉体や精神を通して更に先の魂や宇宙で。

                     

                    ・・・

                     

                    ・・・

                     

                    ピラティスの特徴としてはピラティスは考えるエクササイズと言われる通り

                    どちらかというと執着してゆくような感じになりますが、

                    (いやかなり執着します肉体に)

                    ヨガは執着を手放し解き放つものですから、

                    ヨガをしたあとは身も心もとても緩んで、

                    気持ちがゆるくなるから緊張が取れ、

                    制限が取れると人はどんどん大きくなり、

                    それでヨガでは宇宙なんていう言葉が出て来ちゃうのかも分かりません。

                     

                    でも、

                     

                    そんな非現実的なことよりもまずは、

                    ヨガをしているときの素晴らしき実感、集中力とその空間、

                    何も抵抗しなければどこからかやってくる愛とか至福とも言われるものとの一体感、

                    そのときの気持ちの軽さが大好きです。

                     

                     

                    何もコントロールしなくても満たされている、

                    ありのままの自分とそしてありのままの周りのことや

                    ありのままの他の人たちのことも受け入れることが出来ているときの自分は気分がとってもいいです。

                     

                    こんな気持ちにさせてくれるなんてヨガはただ者じゃあないよヨひらめき

                     

                     

                    ヨガを最初に習ったときに、

                    養成の先生が言っていたヨガをやって体が健康になるのは副産物なんですよ

                    っていう意味が13年後の今ほんとうの意味で分かった。

                    体を健康にすることが最終目的じゃない。

                    体が健康でも幸せじゃない人もいるもんね、

                    ヨガは幸せになるための技法。

                     

                     

                     

                    なんで幸せになるのかな〜ヨガをすると。

                    精神が鍛えられて魂が強くなるからかな、、

                    これはチャクラが関係しているね、わたしたちはチャクラを通して宇宙と繋がっているって言うもんね。

                    魂が弱いとマイナス面にこころが引っ張られるしね。

                    それから呼吸法のことも忘れちゃいけないね!

                     

                     

                    ・・・

                     

                    ヨガからすればピラティスってとってもちっちゃいところに焦点を当てていて、

                    でもピラティスのそんなところがわたしは大好き。わたし細かい作業は得意な方なんですわらう

                     

                    ・・・

                     

                    そうそう!

                    本題の、どうしてわたしがそう思ったか、ヨガをやるためのピラティス?

                     

                     

                    ヨガは自然のままにという考えもあってピラティスほどは細かいこと言いません

                    昔のヨガ教室はもっとそうだったんじゃないですか?

                    5000年も続く伝統的なヨガはインドから来ていて、時間も気にしないインド人だけに(聞いた話です)

                    だから伝統的なヨガのクラスではそのポーズをしていて、

                    ちょっと背筋が真ん中からズレていたとしても絶対それダメ!

                    って言わないんじゃないのかな。

                    わたしが持っている1つのヨガ本にそのようなこと書いてあったよ。

                    伝統的なヨガは生徒はただただ指導者のポーズ、形を真似しているだけって。

                     

                    間違っているも軸がズレているもみなその人の今のレベルだっていうことなのかな、

                    本人が自分で気がつけばその時初めてその人のものになる。

                     

                     

                    今の時代はポーズのときの怪我の分析なども行われてきているし、

                    インストラクターがただ自分のヨガを見せてお給料もらっているより、

                    こうした方がいいですよって生徒にアジャスト・アシストしたほうが仕事やっている感がもてるし、

                    その熱心さはいいことだよね。

                    でもわたしは本当は前者のほうが好きだな!

                    ヨガってそういうもんだと思う。

                     

                     

                    よくあることとして、ヨガ教室でのポーズをしているときの参加者の背筋がズレていること。

                    それはピラティスでお腹のコントロールが出来るようになると一発で治るというか自分で分かるようになります。

                     

                     

                    ヨガのポースが自然にキレイで上手な人は必ず芯が通っていて一点(中心)に力を使っています。

                    それがまだ出来ない人がポーズのときズレている人で、

                    ピラティスをやれば培われるものでもあり、ピラティスではひたすらこのことをやっていきます。

                     

                     

                    実はピラティスのクラスに好んで出るような人は力を入れていることが好きという特徴を持っていて

                    抜くということが不得意です。

                    ピラティスではお腹だけ使ってあとは余計に力まないようにしましょうね、

                    と言ってもほんとうの意味で抜くということはヨガみたいにやらないですし、

                    肩から指先までは流れるようにとっても柔らかいのですよ、と誘導してもガチガチです。

                    そのようなひとにはヨガで柔らかさを作って欲しいと思うのです。

                    抜くことってほんと難しいです。入れることよりも。

                     

                     

                     

                    ピラティスをやってヨガをやるとヨガのポーズが早くそして本当の意味で上達しますよ。

                    なんてったってピラティスは体の使い方の取扱説明書のようなものですから。

                     

                     

                    わたしはピラティスもヨガもどっちも大好きですが、

                    ヨガは大きく広がる陰の世界、ピラティスは焦点が1つにあたっている陽の世界

                    その特徴を良く表しています。

                    陰と陽はどちらか1つでは完璧な世界は成り立たず、

                    2つあって初めて統合された1つの世界になるあの白と黒のマークですよねheart

                    私たちの陰の素質をヨガで作り、

                    陽の素質をピラティスで作りません?

                         

                                                      

                    ブログ村に登録しました1クリックm(_ _)mよろしくお願いします。 にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ                                   

                                         
                    P・S

                    ビーヨガのマック久美子さんのとあるヨガの講座に数時間出てきたのですが、

                    参加されていた方はほぼヨガのインストラクターだったはずなのですが、

                    わたしは遅く行ったので後ろの方の席でよく見えてしまったのですが、

                    マック先生もお腹、バンダを使うということをとても強調されていて、

                    教室のみんなをアジャストして回っていました。

                    人によってはポーズを戻してやり直しということも起こっていました。

                     

                    ヨガでバンダを使うということは本当に、

                    ピラティスをやると本当に簡単に出来るようになるんです。

                    本当なんです。

                    するといとも簡単に軸がよく分かり勝手に体が軸を取るんです。

                    逆転のポーズをするとき体はつぶれず、

                    体側を伸ばすときただしなるだけじゃないことが分かるし、

                    立ちのポーズでの下半身の使い方なんかはヨガでも習うと思うのですが、

                    そんなことはピラティスの基本中の基本です。

                     

                    ヨガのポースを怪我なく上手に出来るようになりたいとき、

                    以外にもピラティス(体の取説)が近道です。

                     

                    そのせいか分かりませんがヨガのインストラクターでピラティスも指導している人は多いです。

                    共通しているところは軸のとり方体の使い方です。

                    しかしそこから先ヨガにはピラティスを超えるものがあります。


                     

                    P・S

                    その後、ピラティスのとある講座に出てきました!

                    ピラティスの方ですよ〜

                    講師は外国の女性で受けているのは全員ピラティスのインストラクターたちです。

                    講師は自分のあるクライアントでこんな風に歩いている人がいますといって、

                    足が胸よりも50センチも先に出て胸が後から付いてくる歩き方の人をまねしました。

                    その歩き方は骨盤がかなり後傾して背中がかなり丸まり胸をだいぶ閉じていました。

                    次に講師の先生はこういいました。

                    わたしはあなたの体はいっくらでも直してあげることが出来る、

                    でもあなたが心に何かの問題を抱えたままそれを開放しない限りこの歩き方は直りませんって言いましたと。

                    それを聞いたわたしの前の数人のピラティスインストラクターたちが、

                    は〜そうなんだとうなずいてそのことをメモに取りました。

                     

                     

                    わたしがいいたいのは、そういうことはもうヨガで習ってる〜♪ということです。

                    ヨガとピラティスってリンクしています。

                    心(ヨガ)と体(ピラティス)は密接ですもん。

                                                                                          

                     


                    今朝、涙が出る事件

                    0

                      明けましておめでとうございます。

                      キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

                      今年もどうぞ宜しくお願い致します。

                       

                      今朝からちょっとセンチメンタルになって、犬の散歩中マスクの下を涙がツーツー。

                       

                       

                      散歩のときって、「歩きヨガ」じゃあないけれど、

                      頭の中考えることがなければ淡々と同じリズムで歩いているから体が緩んできます。

                      ふっと何かを思いついたり、そのとき目に前で見たことについてぼーっと考えていたりします。

                      五感が落ち着いてきて軽い瞑想状態にもなります。

                       

                       

                      しかし今日は違いました。

                      ずっぽりとその出来事の中に入っていってしまい感情的になってしまいました。

                       

                       

                      わたしはここのところずっと、これから先自分には何が出来るかなって考えていて、

                      本当に一番やりたいのは日本の子供たちを守りたいってことで、、

                      そのためにはどうすればいいのかなってずっと考えていて、

                      私が出来ることは、お母さんたちを救うことがその子供たちを救うことになる、

                      お母さんたちが子供をさらに愛するようになるための何か、だということに今のところ行き着いています。

                       

                       

                      そんな最中

                       

                      今朝公園で、

                       

                      保育所に預けられた子供たちが保育士の先生に連れられて数人のグループで散歩をしていました。

                       

                      その横を通った時ひとりの子供を叱る先生の大きな声が聞こえました。

                       

                      先生の声はゆっくり一本調子で、とても大きくて低い声に冷たい感情がうわのせして響きました。

                       

                      怒られた5歳位の女の子の肩はすくんで緊張して先生の顔をしたから覗いていました。

                       

                      ○○ちゃん、そんな枝なんか持って刺さったらどうするんですか、

                      救急車ですよ、

                      言われたらどうするの?

                       

                      女の子は慌てて小さな手をパッと放し持っていた数本の枝が落ちました。

                      その枝はとっても細くてか弱いものでした。

                       

                       

                      これだけの出来事ですが、

                      横を通り過ぎながらわたしは本当に悔しくて悔しくて、、、

                      悔しくて涙が溢れてしまいました。

                       

                       

                      落っこちていた小枝で刺さっても、わたしには救急車を呼ぶほどの惨事になるとは思えませんでした。

                      先生には真実を口から言ってほしいと思います。

                       

                       

                      女の子はわくわくした気持ちで枝を拾って何を想像していたのでしょうか、

                      こころもからだも軽くその想像をもっと膨らませようとした矢先だったでしょう。

                      ところが一瞬で女の子のプライバシーとか尊厳とか魂は傷つけられました。

                      女の子の体の表情が物語っていました。

                       

                       

                      わたしは先生を恨んでいるのではなく

                      どこにでもまだあるような、こんな事実があることが悔しいんです。

                      女の子はなにも悪いことをしていません。

                      実際に起こったことは女の子は小枝を数本持っていたということだけが本当のことです。

                      その先のことは何も起こっていません。

                      大人の解釈を植え付けられ楽しいことが取り上げられてしまいました。

                       

                       

                      目に刺さったり他の子を傷つける場合もほんとうにあるから保育所ではそのように教えているのは分かります。

                      気になったのは、、感情とか言葉とか、先生という大人が取る姿勢、

                      子供に植え付けられてゆくもの、恐怖とか、

                       

                       

                      女の子は、もしかして危険を先に取り除いてくれたのかもしれない大人の言葉から、

                      愛を感じ取ったかどうかです。

                       

                      固まった女の子を見た先生はそのあと彼女にフォローをしたのでしょうか?

                      私が見ていなかっただけ?

                      最後に大人から、〇〇ちゃんが怪我をしていなくて良かったわ、という言葉が聞けたら、

                      彼女の気持ちもわたしもどれだけ軽くなったでしょう。

                       

                       

                      自然にふれあい創造してイメージを膨らませ新しいことにチャレンジし楽しさを探して子供は成長し、

                      枝に刺さることも新しい経験です、そして

                      言葉の一つ一つには人間関係があり、それが愛にもなるし恐怖にも。

                      恐れは疑いとか信用できないとかマイナス面のすべての根源です。。

                       

                      親御さんはだれでも自分の子供に自由のない人間になってほしくはないと思います。

                       

                      子供が持っている資質は人間として素晴らしいものだと思います。

                      私たち大人も子供のように無邪気で明るく、疑らないキレイな心、真っ直ぐな行動力そしてあのシンプルさを手本にすれば

                      きっと上手く行くのではないでしょうか。

                      私はそんな気がしてだから、

                       

                       

                       

                      うーーー守りたい!!守りたい子供たちを。。

                      私のアンテナが敏感にキャッチしてしまい、(何をだ?kyuう〜んその女の子の気持ちかな)

                      わたしの魂は正義の見方・弱い者の見方へと向っています。

                       

                       

                      今年も流れに乗っていける範囲で自分の出来ることやるべきことに沿って一年を過ごして生きたいと思います。

                      今年もどうぞ宜しくお願い致します。\(^o^)/

                      フィットネス楽しみましょう〜〜

                       

                       

                      P・S

                      言葉をかえたら、先生の表情は「脅し」に近いものでした。

                      だからわたしもちょっとびっくりしてしまいました。

                       

                       

                      ブログ村に登録しました1クリックm(_ _)mよろしくお願いします。 にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ  

                       

                       


                      << | 2/29PAGES | >>